ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

今季初黒星を喫したトッテナム戦の戦犯はカンテ?サッリ「敵陣に攻め入りすぎた」

22:00 JST 2018/11/29
N'Golo Kante Tottenham vs Chelsea Premier League 2018-19
チェルシー指揮官はフランス代表MFが司令塔としてプレーすることを望んでいないと話した。

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、フランス代表MFヌゴロ・カンテに苦言を呈した。

今夏からチームの指揮を託されたサッリ監督は、プレミアリーグ1年目ながらシーズン開幕から12試合負けなしを記録。優勝候補にも挙げられていたが、24日の第13節でトッテナムに1-3で敗れて今シーズン初黒星を喫した。

チェルシーはデレ・アリやハリー・ケイン、ソン・フンミンに得点を許しただけではなく、多くのチャンスを与え、さらに失点を重ねる可能性もあった。この結果を受け、サッリ監督はカンテを名指しし、自身の仕事に徹することを求めた。

「ジョルジーニョや(セスク)ファブレカスといったテクニックのある選手にセントラルミッドフィールダーとしてプレーさせたいが、カンテにそのポジションでプレーしてほしくはない。この間の試合で15分が過ぎたあたりからカンテは試合をコントロールしようと思ったのだろうが、それは間違った方法だった。彼は自分のポジションを失い、敵陣のボックスへ攻め入りすぎた。このようなプレーがカンテの一番の特徴だとは思えない」

チェルシーはこの敗戦で、トッテナムに交わされて4位に転落。さらに、首位を走るマンチェスター・シティとの勝ち点差は7に広がってしまった。これを受け、サッリ監督は首位と大きな差があることを認めた。

「マンチェスター・Cが獲得したポイントを平均すると、100をゆうに超えるだろう。そうなってしまえば彼らに追いつくことはかなり難しい。今の状況から言えば、順位表に目をやるべきではない。まずは、トップ4をターゲットにして戦っていく必要がある」

▶豪華特典あり!3日間限定の「ダゾーン感謝祭」はこちらから!2018年11月28日(水)~30日(金)

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ