ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

今季初得点の仙台FW野津田岳人「気が楽になった」…石原直樹らのお膳立てに感謝

21:29 JST 2018/05/06
2018-05-06-vegalta-Notsuda_Gakuto
湘南ベルマーレ戦で先制点を決めたベガルタMF野津田岳人はチームメイトに感謝した。

「ナオくん(石原直樹)と、いいボールをくれたハチくん(蜂須賀孝治)に感謝したい」

そう語るのは、明治安田生命J1リーグ第13節・湘南ベルマーレ戦で先制点を挙げたMF野津田岳人だ。開始早々3分のゴールとなったが、野津田は「ナオくんがニアに相手を引き連れながら引っ張ってくれたので、自分のところが空いた」と振り返り、味方のサポートに感謝した。

開幕からフル出場を続けているが、これが今季初得点。攻撃的なポジションということもあり、本人も気にしていたようだが「ほっとしました」と胸をなでおろす。さらに「少し気が楽になったので、チャンスはより増えてくるんじゃないかな」と、今後のゴール量産に自信をのぞかせた。

野津田は広島県出身の23歳。2012年にサンフレッチェ広島でJリーグデビューすると、アルビレックス新潟、清水エスパルスへの期限付き移籍を経て、2017年の途中から仙台に期限付き移籍している。仙台は自身4チーム目。そうしたキャリアを振り返り、野津田は「いろいろな経験をさせてもらった。そういった経験は自分の中ですごく大きい」と語った。

3-1で湘南を下した仙台の次戦は6日、JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第5節で横浜F・マリノスと対戦する。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ