二枚看板との比較も批判も糧にして。鹿島DF犬飼、磐田戦を前にしての決意/J1第24節

コメント()
(C)KASHIMA ANTLERS
8月24日、明治安田生命J1リーグ第24節で7位・鹿島アントラーズは10位・ジュビロ磐田をホームに迎える。今節はカシマでの金曜日開催となる。鹿島はリーグ戦2連勝、磐田は前節・柏レイソル戦で3試合ぶりの勝利を収めたものの、アウェイでは2連敗中だ。

鹿島にとって、前節・横浜F・マリノス戦(1-0)は3試合ぶりのクリーンシートとなった。前々節・名古屋グランパス戦を4失点して敗れていただけに、「ゼロ」に抑えられたことは大きい。今季、最終ラインの中央がなかなか固定できなかった中で、公式戦連続フル出場を重ねているのが、犬飼智也だ。

■暗闇の出口を探し続けた前半戦

「自分たちの声で、ゼロに抑える確率を高める。そういうプレーが少しずつできるようになってきていると思います」

前節・横浜FM戦が会心のパフォーマンスだったかと問われれば、頷くことはできなかったかもしれない。それでも、スコアボードに刻まれたのは「0」だった。

今季から鹿島に加入した犬飼にとって、聖地・カシマスタジアムで2度目のクリーンシートだった。アントラーズでの1年目、シーズン開幕から約半年。背番号39は苦しみながらも前進を続けてきた。満足とは程遠くとも。一歩ずつ、着実に――。

「伝統あるクラブに来ることができて幸せに感じている。このクラブと一緒にタイトルを目指して日々努力していきたい」。強い決意とともに臨んだ、シーズン前の宮崎キャンプだったが、いきなりの試練が待っていた。

「アントラーズのやり方を伝えて、すり合わせをしていきたい。清水(エスパルス)の癖なのかなと思ったのは、サイドにボールが出た時に…」とプレー描写を交えて説明したのは昌子源だ。「清水の守り方と、うちのやり方とがあって…」。

歩んできた道のりの違いが、トレーニングマッチで顕在化した。犬飼自身も「まだまだ全然できていない」と、その事実を十二分に理解していた。

開幕を迎えた後も、苦難は続く。

3月7日、ACLグループステージ第3節・シドニーFC戦、敵地で飾ったデビューこそ2-0の完封勝利で終えたものの、4月3日の第5節・上海申花戦でPKを与えるファウル(2-2)、そして4日後のJ1台6節・湘南戦ではオウンゴールで1-2の敗戦。

低空飛行を続けたアントラーズにあって、犬飼もまた、暗闇の出口を探し求めていたのだった。結局、5月20日のJ1中断まで、背番号39は浮上できなかった。

■公式戦10試合、フルタイム出場を続ける

「アントラーズに来て、勝っていないですからね。本当に結果で示すこと、勝つこと。とにかく、それしかないです」。犬飼が静かに語ったのは、6月1日のこと。不甲斐なきシーズン前半戦を経て、心境を問うのは酷だったかもしれない。それでも、5日後に迫っていた天皇杯初戦、そして7月の公式戦再開を見据えた時、背番号39の奮起が不可欠であることも容易に想像できた。

「アントラーズのグラウンドの中での厳しさ、バチバチ感は日本でのトップクラスだと思うんです。本当にいい環境に身を置けています」

「サッカーに対する取り組み方、チームの雰囲気ですね。一言で、と言われると難しいんですけど、率直に“いいな”と、ここにいて思うんです。一体感はもちろん、ここを離れた選手にも“アントラーズはよかったな”と思わせるものがある。そういうチームだと思います」

どんな時でも誠実に受け答えをする25歳の瞳に、充実の光が灯った。「成長していけるかどうかは自分次第」。果たして今、その言葉は現実のものとなりつつある。

2018-08-23-kashima-iukai

植田直通の欧州挑戦、昌子の負傷離脱、チョン・スンヒョンの加入、町田浩樹の台頭。激しく変化するチーム状況に身を置き、背番号39は不可欠な存在として先発出場を続けている。7月11日の公式戦再開から10試合、フルタイム出場を遂げているのは一人だけだ。

7月22日のJ1第17節・柏レイソル戦、自身にとって、リーグ初勝利の舞台はカシマスタジアムだった。3日後の第17節・セレッソ大阪戦、リーグ初のクリーンシート。

「気にしていたので、よかったです」

安堵の言葉を連ねた後、青黒、青赤との2試合は不甲斐ない己と向き合うこととなったが、聖地で初めての完封勝利は8月5日、古巣・清水エスパルスとの90分だった。「もっともっと、突き詰めていかないと――」。もがきながらも、犬飼は次なる戦いを見据えている。

「アントラーズのために、自分ができることは全部やりたい。結果がすべてですし、自分が勝たせるという気持ちで」。不在だからこそ浮き彫りになる、植田・昌子という二枚看板との比較も批判も、すべてが進化への糧になる。

揺るぎない信頼を勝ち取るために、今夜も犬飼はアントラーズを守る。誇り高き鹿のエンブレムとともに、サックスブルーの前に立ちはだかる。

その他、プレビューインタビュ、イベント情報など、8/24(金)ジュビロ磐田戦の最新情報は、デジタルマッチデープログラム 「FREAKS+」 で!

■J1第24節 試合日程

8月24日(金)
19:00 鹿島アントラーズ vs ジュビロ磐田(カシマ)

8月25日(土)
19:00 柏レイソル vs V・ファーレン長崎(三協F柏)
19:00 川崎フロンターレ vs ベガルタ仙台(等々力)
19:00 清水エスパルス vs 北海道コンサドーレ札幌 (アイスタ)
19:00 セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島(ヤンマー)

8月26日(日)
18:00 名古屋グランパス vs 浦和レッズ(豊田ス)
18:00 ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス(ノエスタ)
19:00 湘南ベルマーレ vs FC東京(BMWス)
19:00 サガン鳥栖 vs ガンバ大阪(ベアスタ)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
次の記事:
ポグバが“帰って来た”スールシャールを大絶賛「チームをファーガソン時代に戻した」
次の記事:
クルトワに続き、ナバスも負傷で離脱…大一番セビージャ戦でルカ・ジダンが先発か
次の記事:
またしてもプレミアから中国に流出か…アルナウトビッチの広州恒大行きが浮上
次の記事:
国王杯準々決勝の組み合わせが決定…5連覇を目指すバルセロナはセビージャと激突
閉じる