“予想通り”の苦戦を強いられた日本代表…森保監督が考える要因は?「やるべきことはあったのではないかと」

コメント()
(C)Getty Images

日本代表は9日、アジアカップ2019グループリーグ初戦で、トルクメニスタンに3-2と勝利した。試合後の会見で、森保一監督が初戦を振り返っている。

「大会の初戦は難しくなると思っていましたし、厳しい戦いになるということはチームで共有して、今日のトルクメニスタン戦に臨みました。“予想(通り)”と言っていいかわからないですが、初戦特有の難しい試合になったと思います。まずは勝ったことが、今日の試合で良かったことかなと」

「ここUAEで応援してくださったサポーターの皆さん、そしてメディアを通して日本で応援してくださった皆さんに、勝利をお届けすることができてよかったです。しかしながら、内容的には攻守ともにすべて(のレベル)を上げていかないといけないというところ。次の試合への課題としていきたいと思います」

そして、前半でリードされた要因としてコンディション調整を挙げている。

「まずはコンディションの部分で、振り返ってみるとやるべきことがあったのではないかという反省は、もう一度スタッフとして、監督としてやっていきたいと思います。暑さの部分は、一度(午後)4時から公式練習して、3時ではないですが熱い試合になることでの準備はできていたと思います」

「国内組と海外組、合流がいつなのかという部分で個々に対応していったところで、最終的にコンディションを合わせるところに難しさがあった。そこはある程度覚悟していたところではあるのですが、選手たちが最後に勝利を掴み取ってくれたところは今日の良かったこととして、コンディションについては全体で詰めていきたいと思います」

そして、ハーフタイムには背後へのランニングを指示したと明かしている。

「まずはもう一度、前半を振り返って基本的なところ。切り替えの部分だったり、球際のバトルの予測など、ベースの部分を確認しました。あとは、相手がブロックを作って(ディフェンスラインを)引いて試合をする中、背後への動き出しをもう少し入れていこうということを伝えました」

この試合で2ゴールを挙げた大迫勇也だが、UAE到着後でも別メニュー調整が続くなど状態が心配されていた。それでもフル出場を果たした背番号15について、指揮官は「まず代えないといけない理由はないと思いますし、コンディションの部分で別メニューの調整をしていて、もう少し(試合の)展開に余裕があれば代えていたと思います」と語っている。

トルクメニスタンの守備ブロックに苦しんだ日本代表だったが、森保監督は前半のうちからボールを回せして相手を動かしたことが、後半の3ゴールに繋がったと考えているようだ。

「前半は、相手の守備の固さに苦しめられたところがありました。それでも、ボールを動かせたことが相手にボディブローのように効いていたと思います。後半は人もボールも、よりダイナミックな動きを入れることで、相手がより難しい守備をしなければならなくなった。それが3得点を奪えるところにつながったと思っています。縦パスからのコンビネーションで、もう少し得点になるところも織り交ぜることで、今後色々な形で相手にとって危険な攻撃ができるようにしていきたいと思います」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ブスケッツ、途中出場から勝利を導いたメッシを称賛「彼の登場で試合が完全に変わった」
次の記事:
バルセロナ、レガネス戦負傷交代のデンベレは左足首のねん挫…離脱期間は約1週間
次の記事:
槙野智章が語るウズベク戦のポイント「リスペクトしすぎても良くない」
次の記事:
長友佑都が語る日本代表でしか味わえない「ホクホク感」とは?ウズベク戦は「今後のターニングポイント」
次の記事:
バルセロナ、7連勝で首位を快走!温存されていたメッシが途中出場から勝利に導く/リーガ第20節
閉じる