久々にピッチに立った香川真司、テストマッチで存在感…移籍前ラストマッチの可能性も

コメント()
Getty Images

ボルシア・ドルトムントは現地時間7日にスペインのキャンプ地にてフォルトゥナ・デュッセルドルフとテストマッチで対戦し、3-2で勝利を収めている。フォルトゥナの宇佐美貴史と同様、後半から出場したドルトムントの香川真司は、この一戦で決勝点に絡むなど好プレーを見せた。

ドルトムントはこの日、体調を崩したMFマルコ・ロイスや離脱中のDFマヌエル・アカンジやアブドゥ・ディアロ、FWパコ・アルカセルらが欠場。MFアクセル・ヴィツェルはプレイメイカーを務める一方で、MFユリアン・ヴァイグルはセンターバック、マキシミリアン・フィリップはトップ下で臨む4-2-3-1という布陣でスタートした。

試合は15分にフォルトゥナのMFケヴィン・シュテーガーが先制弾を決めると、ドルトムントは31分にはDFウカシュ・ピシュチェクからのパスをパオロ・ゲレイロが折り返してフィリップが押し込む格好で同点に。フィリップはさらに35分、見事なミドルシュートを突き刺してドルトムントが逆転に成功する。

1点のリードで前半を折り返したドルトムントは8人を入れ替え、香川も久々にピッチに立つ。67分、DFマルチン・カミンスキが宇佐美のCKをヘディングで沈めてフォルトゥナに追いつかれるも、香川と同じく後半開始から出場したジェイドン・サンチョと度々素早いワンツーから相手DFラインを崩すプレーを披露。78分にはサンチョが香川のパスに反応するもシュート相手GKに阻止され、さらに85分、香川が宇佐美に倒されて好位置で獲得したFKを惜しくも外してしまう。

90分には香川はフォルトゥナゴールに迫ると、1対1となった相手GKをかわしてシュートを放つ。それはライン上で相手DFにクリアされたが、こぼれ球は最終的に左サイドのMFセルヒオ・ゴメスに渡り、そのクロスをDFマルセル・シュメルツァーが押し込んで3-2に。香川は自らのゴールは逃したものの決勝点の起点となり、2019年初戦での白星獲得に貢献した。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
札幌DF横山知伸、昨年末に脳腫瘍の摘出手術を実施…現在は復帰に向けて治療中「必ずピッチに戻ります!」
次の記事:
出場機会が与えられないエジル、エメリ監督「他の選手と同じように信頼している」
次の記事:
イグアイン、次戦ベンチ外でチェルシー移籍が目前…ガットゥーゾは「選択を尊重」
次の記事:
ネイマール、ペレのダイブ批判についに返答「リスペクトするが納得はしない」
次の記事:
ナポリ指揮官アンチェロッティ、主力欠場でも上位に勝利で自信「何かが起きるはず」
閉じる