不動の地位を確立…大迫勇也、日本代表は「常に目指すポジション」

コメント()
2018-07-02 Yuya Osako.jpg
Getty Images
結果への心痛な思いを明かした大迫だが、再びワールドカップの舞台を目指したいと前を向いた。

日本代表FWの大迫勇也は、0-2から奪われた1ゴールが試合の流れを決めてしまったと認めた。

2日に行われたワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本代表はベルギー代表と対戦。48分に原口元気、4分後に乾貴士がゴールを決めて日本代表が2点のリードを奪う。しかし、その後ベルギー代表に反撃を許し、2-3で日本代表は敗れてベスト8進出を逃した。

この試合に先発で出場した大迫は、ベルギーに敗れた後「いい戦いで終わった。終わっちゃいました」と肩を落とした様子で試合について語った。

「これ以上ない形で2-0にして、そこからの戦い方が本当に今どう説明していいのかわからない。あれをどうすれば勝てるのか。みんな集中して守っていたんですけど。あそこでああいう失点をすると相手に勢いに乗られちゃいました」

ヤン・フェルトンゲンに許したゴールについて「正直どういう形で最初の1失点目をしたのかわからない。あんなので入ってしまうんだというのもあるし、本当に不運な形で失点したかなと思います」と試合のターニングポイントになった失点を振り返った。

この試合での自身のプレーについても口を開いた。「最低限の仕事はやろうとは心がけていました。本当に何を言っても、今日は負けてしまったので…。本当に今はどう答えていいのかわからないですけど、僕らがやり続けることは、やり続けなければいけないことははっきりしたと思う。このプレーの土台で質、量を上げられれば、さらにチャンスは増えてくるのかなとは思う。これから積み重ね、積み重ねだと思いますけど、また日本がこの舞台で勝てるように1人1人がレベルアップしなければいけないと思います」

そして「もちろん、代表は選んでもらえれば常に目指すポジションだし、やっぱりワールドカップって素晴らしい舞台だと思う。今大会でもっともっと活躍したいと強く思えた。また頑張ります」と4年後の2022年カタール大会を見据えた。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる