上位が快勝の中で…マンチェスター・U、ホームで低調なドロー。サポーターはブーイング/プレミアリーグ第13節

コメント()
(C)Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドは24日、プレミアリーグ第13節でクリスタル・パレスをホームに迎えた。

8位と苦しむマンチェスター・Uが、16位のクリスタル・パレスをホームに迎えた。マンチェスター・Uは、1-3で敗れた前節のマンチェスター・シティ戦から4選手を変更。ショー、エレーラ、フェライニ、ラッシュフォードに代えてダルミアン、ポグバ、マタ、ルカクを起用した。

試合序盤は、立ち上がりからボール保持率を高めたマンチェスター・Uが、ルカクの高さとポグバの展開力を活かして相手を押し込む。しかし、なかなか決定機をつくれないでいると、20分にはクリスタル・パレスにチャンス。敵陣でリンガードのパスミスを拾うと、最後は古巣対戦のザハがバイタルエリアからシュートを放つ。しかし、これはわずかに枠の左にはずれた。

対するマンチェスター・Uは30分、左サイドで仕掛けたアシュリー・ヤングの折り返しにニアサイドのリンガードが合わせる。このシュートが枠に飛んだが、GKヘネシーのファインセーブを前にゴールとはならない。

逆に43分にはクリスタル・パレスが相手を脅かす。ミリボイェヴィッチがゴール前に入れたFKに正面のクヤテがヘッド。これがネットを揺らすが、わずかにオフサイドでノーゴールとなった。

ゴールレスで迎えた後半、マンチェスター・Uは57分にヤングのシュートをGKが弾くと、これにルカクが詰める。しかし、こちらもオフサイドでゴールは認められない。モウリーニョ監督は60分、リンガードとマタに代えてフェライニとラッシュフォードを送り出す。さらに69分にはポグバを下げてサンチェスを投入した。

しかし、決定機を迎えたのはクリスタル・パレスだった。74分、バイタルエリアでマティッチの緩慢な守備をはずしていったタウンゼントが一気にボックス内へ進入。そのままGKデ・ヘアと一対一になったが、シュートはわずかに枠の左にはずれる。

一方のマンチェスター・Uは84分にダルミアンのクロスから正面のルカクがヘディングシュートをゴール右に飛ばすが、GKヘネシーのビッグセーブに阻まれる。

結局、マンチェスター・Uはそのままゴールを挙げることができず、ホームでドロー。同時刻開催試合でマンチェスター・シティやリヴァプールがアウェー戦を快勝して勝ち点3を積み重ねた中、ホームで勝ち点を落とした。試合終了の瞬間、オールド・トラフォードのサポーターからはブーイングが飛んでいる。

■試合結果
マンチェスター・ユナイテッド 0-0 クリスタル・パレス

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
長崎、横浜FMからGK鈴木彩貴の加入を発表「J1昇格に向けて全力を尽くします!」
次の記事:
モウリーニョ、2022年のカタール・ワールドカップについて「素晴らしいイベントになる」
次の記事:
アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“
次の記事:
「もっと良くならなければ…」ソン・フンミンが辛勝でベスト8進出のチームを鼓舞
次の記事:
行方不明のFWサラに父が悲痛のコメント「絶望している。言葉がない」
閉じる