ヴェンゲル氏、アーセナル指揮官退任後の生活一変に「喪失感に苛まれた」

コメント()
Getty
現場復帰に関してもフランス人指揮官は改めて意欲をのぞかせた。

元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は、クラブから退団後に喪失感に苛まれたと明かした。

昨シーズン終了後、22年間にもわたり長期政権を築いてきたアーセナルから退任したヴェンゲル氏。現場復帰への意欲をのぞかせ、ミランやバイエルン・ミュンヘン行きが噂される同指揮官だが、依然として無所属の状態が続く。

そんな中、ヴェンゲル氏は『beINスポーツ』で20数年ぶりにフットボールから離れた生活を送っていることについてのコメントを残した。「自由な時間が大いにあることなどこれまでになかったから、少しばかり喪失感があった」

「これまでは常に解決しなくてはならない問題を抱えていて、解決したと思ったらまたすぐに別の問題がやって来た。人生において次の試合が常に1つのターゲットだった。だから今の生活はとても難しいが、私にとってのチャレンジだ。ただ、今のところまだ引退する気分ではない。まだ戦っていける」

ヴェンゲル氏は先日、イギリス『スカイスポーツ』のインタビューで、2019年の早い段階から現場復帰を目指すと話した。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる