ローマ指揮官、薄氷を踏む勝利に「全員が成長を」ジェコは自画自賛「最高のゴール」

コメント()
Getty
ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は、トリノ戦に勝利したものの、改善点はあると考える。一方、エディン・ジェコは自身の決勝点を誇った。

ローマは19日、トリノとの開幕戦に1-0で勝利したが、指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコは、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。勝利を喜ぶとともに、ローマの課題点を指摘している。

昨シーズンを3位で終えたローマは、開幕戦においてアウェーでトリノと対戦。試合は終盤までスコアレスの状態が続いたが、89分のエースFWエディン・ジェコの決勝点により勝利を飾った。

「ジェコのゴール?ときには簡単なゴールを失敗することもあるが、今回のように殊勲のゴールを挙げることにも慣れている。後半はやや苦しめられたので、(ジャスティン)クライファートを投入した。フレッシュな選手が必要だったし、彼なら準備ができていると思っていた。素晴らしいクオリティを持っていることを証明してくれたね」

また指揮官は、チームの課題も指摘しつつ、ライバルクラブを警戒している。

「今のローマは攻撃的なチームだが、攻守両面において改善しなければならない。守備陣はよくやっていたが、前線では冷静さに欠けた。誰が合格とか不合格とは言わない。ただ全員、成長しなければならない。ミラノの2クラブは補強され、特にインテルは大きく戦力が上がった。ローマからは重要な選手が何人か退団してしまった。だが代わりの選手は加入している」

一方、決勝点を挙げたジェコもインタビューに応じ、自身の今シーズン初ゴールを自画自賛した。

「クライファートが素晴らしいクロスを入れてくれたけど、それを上回る素晴らしいゴールが生まれた。自分のキャリアにおいても最高のゴール3本のうちに入ると思う」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
清水に打撃、昨季リーグ戦11得点のドウグラスが不整脈で一時帰国
次の記事:
吉田麻也「プレーをやりきることが重要」準々決勝からVAR導入、ベトナムに警戒心
次の記事:
日本代表、3月にコロンビア&ボリビアと親善試合で対戦
次の記事:
広島と鹿島が出場するACLプレーオフのキックオフ時間が決定
次の記事:
大迫復帰。アタッカー陣はベトナムの5バックを攻略し、攻撃を活性化できるか?/アジア杯プレビュー
閉じる