【ロシアW杯開幕戦】ロシア対サウジアラビアの試合日程と放送予定/ロシアW杯グループA

最終更新
2018FIFAワールドカップ・ロシアが日本時間6月15日(現地時間14日)に開幕。15日に行われるロシア代表とサウジアラビア代表の一戦は、グループAの第1戦であるとともに、大会を通じての開幕戦となる。ここでは試合日程や放送予定など詳細な試合情報および両チームの注目選手を紹介する。

●試合日程と放送局と試合会場

日本時間6月15日0時(現地時間14日18時)ルジニキ・スタジアム(モスクワ)

放送局:NHK

●両チームのプロフィール

ロシア代表(2大会連続11回目)

FIFAランク66位(2018年5月)。開催国のため予選は免除となったことが、FIFAランクに影響している。チームを率いるのは、54歳のスタニスラフ・チェルチェソフ監督。メンバーは国内組中心で、システムは「3-5-2」。187センチの長身FWヒョードル・スモロフを生かした攻撃を仕掛ける。

サウジアラビア代表(3大会ぶり5回目)

FIFAランク67位(2018年5月)。アジア最終予選では日本代表と同組となり、2位で通過。予選終了後、オランダ出身のベルト・ファン・マルバイク監督を解任。現在はアルゼンチン出身の49歳、ファン・アントニオ・ピッツィ監督がチームを率いる。リーグや連盟の主導で、選手をスペインに送り込む施策が話題になった。

●ロシア代表の注目選手

GKイゴール・アキンフェエフ(CSKAモスクワ)

1986年4月8日生まれ、32歳。186センチ、82キロ。
16歳でCSKAモスクワのトップチームデビューを果たし、18歳で代表デビュー。代表キャップ数100を超える絶対的な守護神。キャプテンとしてチームを統率する。

FWフョードル・スモロフ(クラスノダール)

1990年2月9日生まれ、28歳。187センチ、80キロ。
長身であることも特長だが、ディフェンスラインを抜け出す動き、プレースキックを任されるほどのキック精度と、ストライカーとしての武器が多彩。活躍の場がロシアに限られているため知名度は低いが、波に乗ればW杯得点王も夢ではない。

MFユーリ・ジルコフ(ゼニト)

1983年8月20日生まれ、34歳。180センチ、75キロ
チェルシー(イングランド)にも所属したベテランは、いまも左サイドに健在。“ロシアのロナウジーニョ”と呼ばれたこともある。体力面で、やや衰えを感じる場面もあるが、精神的な支柱としての役割を果たすことが期待される。

●サウジアラビア代表の注目選手

MFアブドッラー・オタイフ(アルヒラル)

1992年8月3日生まれ、25歳。177センチ、68キロ。
兄たちもプロサッカー選手、サウジアラビア代表として活躍した。自身は「4-3-3」あるいは「4-1-4-1」で中盤の底を任されるプレーメーカー。長短のパスを使い分け、ゲームをコントロールする。彼のパフォーマンスが、チームの出来に直結する。

DFオサマ・ハウサウィ(アルヒラル)

1984年3月31日生まれ、34歳。185センチ、78キロ。
弟のオマルとともに、サウジアラビア代表のディフェンスラインを支えるセンターバック。空中戦に強く、セットプレーからの得点源としても力を発揮する。アンデルレヒト(ベルギー)に所属した時期もあるが、活躍はできなかった。

MFサレム・アル・ドサリ(ビジャレアル/スペイン)

1991年8月19日生まれ、26歳。171センチ、72キロ。
2018年1月、スペインとサウジアラビアのリーグおよび協会の主導により、スペインのビジャレアルへ移籍。出場機会は得られなかったが、パスやドリブルなど、ウイングとしての能力は高い。試合勘を取り戻せるかがポイントになる。

●グループAのライバル

エジプト代表(7大会ぶり3回目)

FIFAランク46位(2018年5月)。今季リヴァプール(イングランド)で大ブレイクを果たしたFWモハメド・サラーを擁する。バレンシア(スペイン)などを率いた、アルゼンチン出身のエクトル・クーペル監督が指揮を執る。堅守速攻でグループステージ突破を目指す。

ウルグアイ代表(3大会連続13回目)

FIFAランク17位(2018年5月)。前回大会でかみつき事件を起こしたFWルイス・スアレス(バルセロナ/スペイン)や、パリ・サンジェルマン(フランス)のFWエジソン・カバーニら、強力な攻撃陣が注目される。監督は、71歳のオスカル・タヴァレス。

Goal_worldcup_article_banner

【関連記事】
【試合日程一覧】ロシアW杯|開幕戦は6月15日のロシア対サウジ、決勝は7月16日に開催
【完全網羅】ロシアワールドカップのテレビ放送予定は?全64試合の放送スケジュール一覧
ロシアワールドカップ優勝国予想|ドイツ?ブラジル?優勝国を大胆予想!
ロシアW杯日本代表|メンバー23人が決定!日本代表の最新情報をお届け
2018年ワールドカップまるわかり!日程・放送・出場国・優勝候補ら、ロシア大会完全ガイド

次の記事:
カバーニ、ネイマールとの確執書き立てるメディアに嫌気「君らは何もないところから作り出す」
次の記事:
J1は5人の外国籍選手が出場可能に。Jリーグ、ホームグロウン制度の導入と外国籍選手枠の変更を発表
次の記事:
監督として初勝利を挙げた本田圭佑、選手として手にする白星との違いを語る…
次の記事:
J2初優勝の松本山雅、反町康治監督の続投を発表「再び挑むJ1の舞台でチャレンジ精神を持って」
次の記事:
代表初先発の守田英正、キルギス戦でチーム最多のタッチ、パス、タックル数を記録…森保体制で最高のデュエル勝率も
閉じる