ロシアW杯以来復帰の武藤嘉紀、ウズベク戦も出場に意欲「泥臭くチームのために走り続けたい」

コメント()
Getty Images

日本代表FW武藤嘉紀が、ウズベキスタン戦での出場に意欲を示した。

日本代表は13日にアジアカップ第2戦でオマーンと対戦し、1-0で勝利。1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。この試合で途中出場を果たした武藤は、ゴールこそなかったが、堂安律の決定機を演出するなど見せ場は作った。

試合から一夜明けて「最後に出られたのは良かったけど、結果的にゴールはとれなかった。合わなかったところはしっかり修正したい」と反省。「途中からの難しさもありますけど、最初から出ることができれば自分自身にとっても良い」と、最終戦はスタメンでの出場を熱望した。

「ウズベキスタンは多分、この3戦のなかで一番強い相手だと思う。そんな簡単に勝てる相手ではないですし、本当に綺麗なプレーは必要ないので。泥臭くチームのために走り続けたいなと思います」

日本はウズベキスタン戦で引き分け以下に終わっても2位通過で決勝ラウンドに進める。移動距離を考慮すると、2位の方が良いという見方もある。しかし、武藤は勝利のみを目指している。

「絶対に負けちゃいけないと思っていますし。ここで負けていくのと、勝っていくのでは、雰囲気も違うので。まずはしっかりと勝って。圧倒して勝つと、決勝トーナメントに良い形で臨めるんじゃないかなと思っています」

1トップの位置に大迫勇也が復帰した場合は、2列目のサイドでの起用もあるかもしれない。

武藤は「監督が求めるポジションで選手たちはプレーしないといけない。日本のために戦えるなら、どこでもやるつもりです」と、代表チームのために身を賭す覚悟を示していた。

日本は17日にウズベキスタンと首位通過を懸けて対戦する。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ミラン、43億円で“レヴァ2世”獲得決定か…イグアインのチェルシー移籍も間近に
次の記事:
アジア杯準々決勝進出国が決定!優勝候補の日本、イラン、韓国、豪州が揃って8強へ
次の記事:
“ダークホース”カタールが豪快FKでイラクを下す!4試合クリーンシートで韓国との決戦へ
次の記事:
韓国が苦しみながらも準々決勝進出…バーレーンを圧倒も90分で決着つかず、延長に勝ち越し
次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
閉じる