ロシアW杯で導入されるビデオ判定…VARの存在意義とその目的とは?

コメント()
©J.LEAGUE
ロシアW杯での導入が正式決定したVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)。Jリーグでも試験導入されるこの最新テクノロジーについて、22日にメディア説明会が実施された。

Jリーグは22日、2018シーズンより試験導入に向けた準備を開始するVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に関するメディア説明会を開催。国際サッカー評議会(IFAB)テクニカルダイレクター兼イングランドサッカー協会(FA)審判委員長のデイヴィッド・エルレイ氏、日本サッカー協会(JFA)の小川佳実審判委員長、Jリーグ原博実副理事長が登壇した。

原副理事長は冒頭で「ご存知のようにロシアW杯でVARが導入されることが決定しています。我々JリーグとしてもVARが今回のW杯でどう行われているか、情報を収集していきたい。去年のJリーグワールドチャレンジの鹿島vsセビージャでも(VARを)実験的に試してみました。舞台裏を覗かせてもらったが、なかなかカンタンではなかった。これから色々な準備をしていきたい」と語り、試験導入が迫るVARに向けた準備を行っていく考えを示した。

現在、ブンデスリーガ、セリエA、メジャーリーグ・サッカー、Aリーグ、さらにFAカップで使用されるVARは、昨年のコンフェデレーションズカップやクラブワールドカップでも試験的に導入されていた。

サッカーのルール改正を協議するIFABが先日の定例会議で今夏のワールドカップでのVAR導入を決定。そして16日に、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長が推し進めるこの最新テクノロジーが6月に開催されるロシアW杯で初めて採用されることが正式に決定していた。

そのVAR導入を決定したIFABのテクニカルダイレクターを務めるエルレイ氏が続いて登壇。VAR導入は「サッカーにとって重要なゲームの流れを止めてしまうという懸念があった」としながらも、「厳しい承認プロセスを経て(W杯での使用が)承認された。VARの哲学は最小限の介入で最大限の成果を挙げることだ」と言及した。

さらにエルレイ氏は昨季の明治安田生命JリーグやJ1昇格プレーオフの試合映像を交えながら、VARが導入されていたら判定結果が変わっていた点を指摘。あくまでも「ゲームの事象を左右するもののみに使用する。VARのシステムは明らかに間違っているものを正すもの」と語り、導入の目的は「すべての100%の判定の精度をあげるためではない」と断言した。さらに「すべての誤審がVARによってなくなる可能性はない」とし、あくまでも「最終的な判定を下すのはVARではなく主審である。主審が判定できる手助けとしてVARがある」と最新テクノロジーの存在意義について語っていた。

ロシアW杯でこの最新テクノロジーがどんな成果を見せるのか。4年に1度の祭典でいよいよVARの真価が問われることとなる。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる