レヴァークーゼンが指揮官交代!元ドルトムントのボス氏が再びブンデスリーガ挑戦

コメント()
PROSHOTS
ヘアリヒ監督を解任してボス体制に。契約は2020年まで。

レヴァークーゼンは23日、ハイコ・ヘアリヒ監督を解任して、元ボルシア・ドルトムントのピーター・ボス氏を新監督に招へいすることを発表。契約は2020年夏までとなっている。

2017年夏に就任したヘアリヒ監督は、昨シーズンのブンデスリーガで15勝10分け9敗といった好成績を残すも、今季は開幕3連敗と苦しみなかなか調子が安定せず。前半戦の終盤こそ6試合4勝と結果を出していたが、幹部は既に同監督の更迭を決断していたようだ。

そして、新監督に迎えたのは2016-2017シーズン、アヤックスをヨーロッパリーグ決勝に導いたボス氏。昨シーズンの前半戦はドルトムントでリーグ戦6勝1分けと絶好調な立ち上がりを見せるも、秋に入ると3分け5敗。チャンピオンズリーグではグループステージで敗退し、解任されていた。

レヴァークーゼンのシモン・ロルフェスSD(スポーツディレクター)は、ボス氏の「攻撃的でスピーディーな魅力的なサッカー」、「若手をトップレベルに導く」力に期待を寄せている。なお現役時代は主にフェイエノールトで過ごしたボス氏は、1996や97、99シーズンはジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)に在籍し、日本でのプレーも経験している。

再びブンデスリーガに挑戦することとなったボス氏。55歳のオランダ人指揮官は、現在9位のレヴァークーゼンを上位に導けるのだろうか。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる