レヴァンドフスキ、「世界最高の9番か?」の問いに答え…フランス人選手との関わりにも言及

コメント()
Getty Images

バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、フランス『テレフット』のインタビューに応じている。

レヴァンドフスキは今シーズン、リーグ戦26試合で19ゴールをマーク。世界最高峰のストライカーとしての評価を確立している。同選手は世界最高か?との問いに「そうあるように全力を尽くしているけど、一番かどうかということは考えていない。いつもピッチで証明しなければならないし、理想は僕が点を取って、勝つことだ」と話すにとどまった。

また、フランスメディアらしい質問も。すでにバイエルンにはフランク・リベリ、コランタン・トリッソ、キングスレイ・コマンといったフランス人選手が在籍するが、来季からはさらにバンジャマン・パヴァールとリュカ・エルナンデスが加わる。このことについては以下のように語った。

「3人のフランス人選手がいるけど、リベリとは素晴らしい関係だよ。彼は面白い人だね。もう36歳になるけど、ピッチでは素晴らしいプロフェッショナルだ。コマンもそうだね。大きなポテンシャルを持つし、素晴らしい選手になる可能性を持つ。トリッソはケガをしていたけど、プレーしていたときは常に良かった」

「パヴァールとは対戦したことがあるけど、とてもいい選手だね。移籍は彼にとって新たなステージだ」

また、過去にはフランスのクラブへの移籍の可能性もあったことを明かしたレヴァンドフスキ。今後、バイエルンにとどまっても、フランスとの関わりは強くなっていきそうだ。

DAZN2ヶ月無料

▶今なら2ヶ月間無料でサッカーを楽しめる! 4月3日(水)23時59分までDAZN2ヶ月無料キャンペーン実施中

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる