レンタル終了迫る関根貴大、今夏以降の去就は未定…欧州でのプレー続行を希望

最終更新

ベルギーのシント=トロイデンでプレーするMF関根貴大は、今夏以降の去就についてはまだ決まっていないようだ。地元メディア『Het Belang van Limburg』で明かしている。

関根は昨夏に1年の期限付きブンデスリーガ2部インゴルシュタットからシント=トロイデンに加入。筋肉系の負傷を繰り返し、レギュラーシーズンは3試合の出場に留まるも、プレーオフ2では4月頭から6試合連続で出場している。そして直近4試合は左MFで先発すると、1ゴールと1アシストと結果も出し始めた。

しかし、ついに居場所を見つけたベルギークラブでのシーズンも残すところあとわずか。本人はそんな中、「まだ立石さん(立石敬之CEO)や監督と話していません。僕のことを残したいのか分かりません」と認めており、今夏以降もシント=トロイデンに残る可能性については不透明のようだ。

インゴルシュタットとは2021年までの契約を結んでいる関根だが、『Het Belang van Limburg』によると、ブンデスリーガ2部で残留争いに巻き込まれている所属元に戻るかも未定だという。ただ、同選手は「ひとつだけ確かなのは、ヨーロッパで長い間プレーしていきたいことです」と欧州での挑戦を続けるつもりだと強調した。

また同メディア曰く、シント=トロイデンは現在来シーズンに向けたプランニングを進めているとのこと。関根はクラブの考えについて近々に知らされるとされる。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です