レアル主将セルヒオ・ラモス、CWC鹿島戦に抜かりなし「ミスする余裕がない大会」

コメント()
Getty

欧州王者としてクラブ・ワールドカップ(CWC)に参加するレアル・マドリーの主将DFセルヒオ・ラモスが、同大会優勝に向けて意気込みを表している。

準決勝からCWCに参加するレアル・マドリーは、2016年にも同ラウンドで対戦した鹿島アントラーズと再び相見える。過去の鹿島戦では、現ヘタフェMF柴崎岳に2ゴールを決められるなど苦戦を強いられ、それでも4-2の逆転勝利を果たして最後には優勝まで到達した。

『FIFA.com』とのインタビューに応じたS・ラモスは、そうした教訓もあってかCWCが「ミスする余裕がない」大会との見解を示している。

「CWCは昨季に手にした成功に対する褒賞であり、自分の立ち位置を世界王者に変えてくれる。素晴らしい経験だよ。この大会は短期間に行われ、ミスする余裕がない。準決勝があって、その次に決勝がある。僕たちはトロフィーをホームに持ち帰りたい」

S・ラモスはその一方で、ここ4年でCWCを3回勝ち取っているなどの経験が、チームにとってポジティブに働くとの考えも述べた。

「レアル・マドリーには素晴らしい歴史があるが、それに執着し過ぎるのも良くないね。それだけで試合に勝てるわけではないから。でも経験というものはとても重要だし、僕たちにはそれがある」

「レアル・マドリーはファンタスティックなチームだし、自分たちに自信を持たなくては。もちろん、対戦相手には最大限の敬意を払いたい」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる