レアル・マドリーに惜敗のベティス、監督セティエン「彼らの5バックにプラン狂った」

コメント()
Getty

13日のリーガ・エスパニョーラ第19節、ベティスは本拠地ベニト・ビジャマリンでのレアル・マドリー戦を1−2で落とした。キケ・セティエン監督は試合後、レアル・マドリーの5バック採用が予期していなかったことだと話している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。

負傷者が続出するレアル・マドリーは、この試合で5バックを採用して堅守速攻のスタイルにシフト。速攻からMFルカ・モドリッチの先制点を許したベティスは、その後ボールを保持しながら攻撃を仕掛けてMFセルヒオ・カナレスのゴールで一時同点に追いついたものの、終了間際にMFダニ・セバジョスに直接FKを決められ惜しくも試合を落としている。

セティエン監督は試合終了後、レアル・マドリーが5バックを採用したことに面を食らったと明かしながら、自チームが試合をコントロールしていたことを強調した。

「少なくとも引き分けにできなかったことが嘆かわしい。私たちはその結果を得るに値したんだ。前半はシステムの不均衡から速攻を許してしまったが、しかし私たちはほぼ試合を通じてゲームを、スペースを支配していた。結局、マドリーはいつだってマドリーであり、簡単にはいかないということだね」

「モドリッチのゴールでプランが狂った? むしろ彼らが5バックや中盤を増強したことところから狂っていた。ああした状況は予期していなかったんだ。ただ立ち上がりのいくつかのボールロストを除けば、私たちは良かった。クロスやシュートと、フィニッシュの精度を欠いたのは確かだね。まあ、彼らの選手たちがあそこに集中していたからだが」

ベティスは2連敗と、調子を落としつつある。

「ナーバスにはなっていない。しっかりと競争に臨めていないならば、そうなっているかもしれんがね。たとえ勝利を逃しても、世界最高の一チームを相手に優位に立っていたんだよ。ゴール前でのディテールこそ欠いたが、感覚は良いものであり、これから勝利が届くはずだよ」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
酒井&森保監督が強敵サウジアラビアを警戒「常に日本の壁になっている」
次の記事:
アトレティコ、火曜にもモラタをレンタルで獲得へ…焦点は買い取りオプションの有無
次の記事:
アラベス、乾貴士を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得か
次の記事:
ファン・ダイク、指揮官との100億超え移籍金についての会話を明かす…救われたクロップの言葉とは?
次の記事:
ムバッペ、レアル・マドリー移籍を否定せず「フットボールの世界では何が起こるかわからない」
閉じる