レアル・マドリーで初得点のヴィニシウス「1、2、3って数えて強いシュート打った」

コメント()
Getty Images

3日のリーガ・エスパニョーラ第11節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバジャドリー戦に2−0で勝利した。この試合でトップチーム初得点を記録したFWヴィニシウスは、大きな喜びを感じている様子だ。

若干18歳のヴィニシウスが窮地のレアル・マドリーを救った。試合終了まで残り20分、0−0の状況でピッチに立ったブラジル人FWは、83分に左サイドからドリブルでペナルティーエリア内に切れ込んでシュート。ボールはDFキコ・オリバスの身体に当たってコースが変わり、レアル・マドリーの先制点となった。

ヴィニシウスの叩いたボールは枠外へと向かっていたが、ヒル・マンサーノ主審は試合報告書に同選手の得点と記載。リーガの記録上では、この18歳FWがレアル・マドリーのトップチームで決めた初のゴールとなっている(今後24時間以内に修正される可能性あり)。

試合後、『レアル・マドリーTV』とのインタビューに応じたヴィニシウスは、たどたどしいながらもスペイン語で初ゴールの感想を述べた。

「ピッチに入るときに考えていたこと? ゴールを決めること、良い形で試合に入ることだった。でも、みんなの助けがあったから初ゴールを決められたんだ」

「ボールを持ったときから、ゴールを決めることが頭にあった。1、2、3って数えて強いシュートを打ったよ」

「僕たちはこの勝利を必要としていた。僕たちの本来の場所に戻るために、勝ち点3ずつ重ねていきたい。少しずつその場所に戻るため、大切な勝利となったね」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる