ニュース ライブスコア
ラ リーガ

レアル・ソシエダ、移籍金13億円で“ユナイテッドの至宝”ジャヌザイ獲得へ...恩師モイーズの推薦が決め手に

21:06 JST 2017/07/12
Adnan Januzaj Manchester United
元アーセナルMFベラ同様バスクの地で再出発

レアル・ソシエダが、マンチェスター・ユナイテッドMFアドナン・ジャヌザイ獲得に迫っている。

ソシエダは移籍金1000万ユーロ(約13億円)をユナイテッドに支払うことで、ジャヌザイ獲得を決めたようだ。契約期間は2022年までになる見込みである。

ジャヌザイのソシエダ移籍に一役買ったのは、デイビッド・モイーズ監督だ。モイーズ監督はジャヌザイをユナイテッドでトップに定着させた指揮官。モイーズ監督は2014年11月から翌年11月までソシエダで指揮を執っていた。

ソシエダはジャヌザイがメキシコ代表MFカルロス・ベラのようになることを期待している。若くしてアーセナルに移籍したベラは、プレミアリーグでは輝きを放てなかったものの、ソシエダ移籍で再起に成功している。

16歳でユナイテッドの下部組織に入団したジャヌザイは、18歳でトップデビューを果たした。その後、プレミアリーグ50試合に出場して5得点を記録。現在22歳のジャヌザイに、成長の余地が残されているのは間違いないはずだ。