ルカクの不調はイブラの復帰が原因?ファーディナンド氏「彼は大きなプレッシャーを感じている」

コメント()
Getty
ゴールから見放されるベルギー代表FWは偉大なストライカーが控えに甘んじる状況に重圧を感じているのかもしれない。

ロメル・ルカクの不調の原因はズラタン・イブラヒモビッチの存在なのかもしれない。リオ・ファーディナンド氏が語った。

今夏7500万ポンド(約110億円)でエヴァートンからマンチェスター・ユナイテッドに加入したルカクは、デビューから10試合で11ゴールを挙げるなど序盤は好調を維持していた。しかし、以降は直近11試合で1ゴールのみと、移籍直後の勢いは鳴りを潜め、サポーターからも揶揄されるほど不振に陥っている。

マンチェスター・ユナイテッドで活躍したファーディナンド氏は、ベルギー代表FWが徐々に復調すると語ったものの、イブラヒモビッチが膝の重傷から7カ月ぶりに復帰したことでさらに大きなプレッシャーを受けている可能性があると感じているようだ。

ファーディナンド氏は『BTスポーツ』で「彼はすぐに立ち直るだろうが、彼にとってもっと大きな問題はズラタン・イブラヒモビッチが帰ってきたことかもしれない」と戦列復帰を果たした元スウェーデン代表FWの存在が24歳のストライカーに大きなプレッシャーを与えているかもしれないと言及。

その理由について、「プレーに飢えている偉大なストライカーが控えに甘んじているという現状は、彼にとって大きな重圧になりかねない。時々このような状況を打破できずつぶれてしまう選手もいる」と自身の考えを説いた。

一方、ジョゼ・モウリーニョ監督は4-2で勝利したワトフォード戦でも無得点に終わったルカクについて「彼は驚くほど良い仕事をしている。いくら簡単なチャンスを外しても彼を責めたりはしない。彼はプロフェッショナルで、私は彼のプレーに満足している」と擁護している。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
驚異の右足を持つFKのスペシャリスト、アーノルドが長期契約…クロップも絶賛「ファンタスティックな選手」
次の記事:
モラタ獲得を目指すアトレティコ、予算確保のためにジェルソンをモナコに放出へ
次の記事:
全員が決戦へいい準備を。権田修一「誰が出るかもわからない状況の中で…」
次の記事:
フラム、32歳バベル獲得の次は岡崎やG・ケーヒル?1部残留に向け補強の年齢制限撤廃
次の記事:
吉田麻也、サウジとの前回対戦は「比較材料にならない」。弱点は「集中力を欠くシーンが多い」
閉じる