リヴァプールOBリエラ「コウチーニョの移籍は間違いではない」バルサ行き決断に理解

コメント()
Getty Images
かつてリヴァプールでプレーしたアルベルト・リエラが、バルセロナvsリヴァプールの一戦を前に語ってくれた。

リヴァプールでもプレーした元スペイン代表MFアルベルト・リエラが、フィリペ・コウチーニョのバルセロナ移籍について言及した。

1982年生まれのリエラはマジョルカでトップデビューし、その後ボルドー、エスパニョール、リヴァプールなどでプレー。その後、ギリシャ、イタリア、スロベニアなどのクラブにも籍を置き、2016年に現役引退している。

リヴァプールOBでもある元スペイン代表MFは、コウチーニョが2018年1月に決断したリヴァプールからバルセロナへの移籍について『Goal』の取材で次のように見解を示した。

「コウチーニョはリヴァプールからやってきた。バルセロナは世界最高のクラブであり、誰もがみんな必ず出場機会が得られるわけではない」

「パフォーマンスについて、バルセロナはやはり重要な仕事をできる選手がたくさんいるから、常時出られるなんて容易なことではないはずだ。ただ、彼のクオリティは素晴らしいものがあるから、できることはまだあるはずだし、しっかり改善できると思う。たとえ出場機会が満足に得られていなくても、コウチーニョの移籍決断は間違いではなかったんじゃないかな」

リエラはバルセロナvsリヴァプールの一戦について「もしバルサがうまく試合運びをコントロールできたら、2-0か3-1になるんじゃないかな。ただ、第2戦のアンフィールドではリヴァプールが本領を発揮できるはずだ。もっと多くのゴールが生まれるものだと思っている」と述べ、初戦はホームのバルサに分があると分析した。

メッシ対策については「そんなことはこれまでどの監督も試してきたよ。ただ、メッシは優れた選手だけど彼だけにマークを集中させるのは明らかに誤りだと思う。バルサにはうまい試合運びをして、フリーの味方を見つけるパサーが数多くいる。メッシだけに限らず、ゲームを動かせる選手がいるんだ。ただ、メッシはまわりを生かし、まわりから自分が生かされる術を心得ているんだ」と、メッシの存在感が強大であると口にしている。

「今のバルセロナなら、ビッグイヤーを掲げる可能性は十分にあるだろうね」

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる