ラ リーガ(リーガ・エスパニョーラ)の試合日程・放送予定・順位表/2017-18シーズン

2017-2018シーズン ラ リーガ(リーガ・エスパニョーラ)の試合日程やDAZNでの放送予定、最新の順位表などをまとめみた。

DAZN

2018年1月12日時点で15勝3分負けなしと独走状態にあるバルセロナ。勝点39のアトレティコ・マドリーと勝点37のバレンシアが、バルセロナを追いかけている。

現時点でのCL圏内はバルセロナとアトレティコ・マドリー、バレンシア、レアル・マドリーの4チーム。2016-17の覇者レアル・マドリーのリーグ内順位は4位である。チーム内得点王のクリスティアーノ・ロナウドとガレス・ベイル、イスコのいずれもが4ゴールのみであり、攻撃陣の不調が順位に大きく影響している状況だ。

リーグトップのゴール数をたたき出しているのはバルセロナのリオネル・メッシ。18試合に出場して16得点と、30歳を過ぎても未だ攻撃力に衰えが見えない。ゴール数2位は同じくバルサのルイス・スアレスとセルタのイアゴ・アスパスが続いている。

日本人選手の活躍も忘れてはならない。エイバルの乾貴士は3ゴールをあげ、チームの中でも中心的な存在になりつつある。また、ヘタフェの柴崎岳は、開幕節から4試合連続でスタメンに選ばれたもののバルセロナ戦で負傷離脱。リーグ戦後半において再びレギュラーを勝ち取れるのか期待される。

▶ラ リーガ(リーガエスパニョーラ)を観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

2017-2018シーズン ラ リーガ(リーガ・エスパニョーラ)の試合日程と結果一覧

やはり気になるのはレアル・マドリーの不調。第17節ではマラガとの試合を接戦の末に落とし、第18節のセルタ戦でもベイルの2ゴールで一時はリードしたものの、結局はドローに持ち込まれてしまった。

今後、注目すべきは現在絶好調の乾貴士の活躍だ。2017年12月には4試合で3ゴールを決め、月間最優秀選手にノミネートされた。また所属チームのエイバルも好調で、1月12日時点では勝点27でリーグ7位と、EL出場権だけでなくCL出場権も射程範囲内と見ることができるだろう。

2017-2018シーズン ラ リーガ(リーガ・エスパニョーラ)DAZNでの放送予定

リーガ・エスパニョーラの試合を見るならDAZNで視聴が可能だ。日本人選手が出る試合や注目試合など全試合ライブで放映がされる。1月20日のヘタフェ対アスレティック・ビルバオや1月23日のエイバル対マラガなど、今後も注目試合が目白押しだ。

→2018年2月16日、今まで毎節5試合の放映となっていたが、全試合のライブ放映へと拡大することが発表された。先日発表された『スポナビライブ』で提供するコンテンツをDAZNで配信することで合意に達したことに関連して、ラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ)の放送試合拡大につながった。

Competion Date Time Home Away
リーガエスパニョーラ 1/20 Sat ヘタフェ ビルバオ
リーガエスパニョーラ 1/21 Sun レアル・マドリー デポルティボ
リーガエスパニョーラ 1/22 Mon アトレティコ・マドリー ジローナ
リーガエスパニョーラ 1/22 Mon ベティス バルセロナ
リーガエスパニョーラ 1/23 Tue エイバル マラガ

▶ラ リーガ(リーガエスパニョーラ)を観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

ラ リーガ(リーガ・エスパニョーラ)順位表

1位は独走状態にあるバルセロナ。その後ろを、アトレティコとバレンシアが続いている。

レアル・マドリーの巻き返しはなるのか?はたまたバルセロナの独走で終わってしまうのか?まだまだラ リーガから目を離すことができない状況が続きそうだ。日本人選手の活躍もDAZNならリアルタイムで応援できる。後半戦もDAZNでラ リーガ(リーガエスパニョーラ)を楽しみつくそう。

▶ラ リーガ(リーガエスパニョーラ)を観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!8つの視聴方法とは?
「見逃し配信はいつまで?」DAZNに関する4つの疑問にCEOらが回答
DAZNの月額料金は?Jリーグやラ・リーガを放送、お得に見る方法も?
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介

次の記事:
韓国が3連勝で首位通過! 主将ソン・フンミンが活躍、G大阪FWファン・ウィジョ弾などで中国との首位決戦制す
次の記事:
大迫勇也の状態に言及した森保監督、大幅メンバー変更で3連勝へ「1位突破がオーストラリアを避けるということではない」
次の記事:
「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む
次の記事:
Y・トゥーレが「ピケの10倍良い」と絶賛する選手は?ベスト11にはなんとアタッカー6人!
次の記事:
セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討
閉じる