ライプツィヒに大打撃、得点源の2選手が負傷離脱

コメント()
©Getty Images
RBライプツィヒのFWティモ・ヴェルナーとFWユスフ・ポウルセンが負傷した。

RBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーとデンマーク代表FWユスフ・ポウルセンの2選手が負傷したと、『キッカー』が報じた。

ヴェルナーは4日に行われたヘルタ・ベルリン戦で右足のつま先を負傷。ポウルセンは背中に筋肉系の問題を抱えているという。ここまでヴェルナーは公式戦8得点、ポウルセンは公式戦7得点をマークし、チーム内で1位と2位の得点数を記録している。

2選手は9日に行われるヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第4節のセルティック戦で欠場することが濃厚となっている。先日負傷したスウェーデン代表FWエミル・フォルスベリも欠場が見込まれていることから、主力攻撃陣を欠いた厳しいチーム状況で試合に望むことになりそうだ。

▶UEFAヨーロッパリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
名古屋MF深堀隼平がポルトガル1部のヴィトーリアSCに期限付き移籍が決定「自分の武器にさらに磨きを…」
次の記事:
サッリが“世界最高の1人”アザールを称賛も「チェルシーのリーダーではない」
次の記事:
南野所属ザルツブルク、攻撃陣流出続々…センターFWに続き2列目の有望株も夏の移籍が決定
次の記事:
元バルサDFが日本でイニエスタと再会?ウルグアイ代表カセレスに神戸行きの話が浮上
次の記事:
「多くの解説者が日本優位と予想するが…」ベトナム指揮官がジャイアントキリングに自信
閉じる