モウリーニョが今季の優勝争いを予想「エヴァートン脱落で6チームにチャンスがある」

コメント()
Getty Images
首位マンチェスター・シティと勝ち点差5の2位につけるユナイテッドを率いるポルトガル人指揮官がタイトルレースを予想した。

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、6チームでプレミアリーグの優勝争いを繰り広げていると語っている。

現在勝ち点23で2位のマンチェスター・ユナイテッドは、首位で最大のライバルであるマンチェスター・シティから5ポイント差を離されている。3位以下にトッテナム、チェルシー、アーセナル、リヴァプールが続く展開に、モウリーニョ監督は優勝のチャンスがあるのは早くも6チームに絞られたと考えているようだ。

5日にチェルシー戦を控えるモウリーニョ監督は『スカイスポーツ』で「チェルシーはディフェンディングチャンピオンで、プレミアリーグでトップチームの1つだ。彼らは間違いなく優勝候補」と今シーズン早くも3敗を喫したものの、古巣は依然として優勝候補の1つであると警戒心を示した。

また、今シーズンのタイトルレースについて同指揮官は「エヴァートンは大型補強を敢行したが、優勝争いに加わることができていない。すでに脱落していると言っていいだろうし、今シーズンは6チームでリーグタイトルを争うことになると思う。順位表を見れば4チームか5チームによる争いになるかもしれないね。リヴァプールは数週間あれば、我々に大きく近づいているかもしれない」とタイトルレースの展開を予想した。

また、移籍後初めて古巣に凱旋するネマニャ・マティッチについて「彼の代理人が私に売り込んできたのは衝撃だった。確かに驚いたが、彼(代理人)のことはよく知っているから、時間をかけて良い契約を結ぼうと考えるような人間ではない。率直に“獲得を望めば、彼(マティッチ)をチームに加えられる”と私に言ってきた。そして、彼はここに加入した」と教え子引き抜きに成功した舞台裏を明かしている。

次の記事:
国王杯準々決勝の組み合わせが決定…5連覇を目指すバルセロナはセビージャと激突
次の記事:
香川真司の去就もついに決定?ドルトムントSD、戦力整理について「話を進めているところ」
次の記事:
日本が参戦するコパ・アメリカのポット分けが発表…組み合わせ抽選会は24日に開催予定
次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
閉じる