メッシが“憧れの存在”とともにロシアW杯へ…アイマール氏が代表スタッフに入閣

コメント()
Getty Images
かつてアルゼンチン代表として活躍したアイマール氏が、代表スタッフとしてロシアW杯に帯同することが明らかになった。

かつてアルゼンチン代表でプレーしたパブロ・アイマール氏が、アルゼンチン代表のスタッフとしてロシア・ワールドカップに帯同することになった。

『minutouno』など複数のアルゼンチンメディアが報じたところによると、アイマール氏はホルヘ・サンパオリ監督の下、チームスタッフとして入閣することが決定した。

アイマールは1979年生まれのテクニシャンで、リーベル・プレート、バレンシア、サラゴサ、ベンフィカなどでプレー。アルゼンチン代表としては2002年、2006年のワールドカップメンバーに選出され、52キャップを刻んでいる。2015年に古巣のリーベルで引退した後は、2017年からU-17アルゼンチン代表を指導していた。

なお、アイマールはリオネル・メッシにとって憧れの存在だったことでも知られ、一部のアルゼンチンメディアでは「メッシはアイドルとともにロシアへ行くことになった」といった内容の見出しで伝えている。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる