ミランDFボヌッチ、退場で2試合出場停止…古巣ユヴェントスとの対戦は実現せず

コメント()
Getty Images
ボヌッチの古巣との対戦は実現せず。シーズン後半戦に持ち越しとなった。

今シーズンからミランでプレーするイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチは、古巣ユヴェントスと最初の対戦は出場できないこととなった。

ボヌッチは22日に行われたセリエA第9節ジェノア戦に先発出場。しかし、25分に相手選手にひじ打ちを見舞ったとして一発退場処分を受けていた。ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)によってこの決断が下され、ボヌッチは結果としてテクノロジーによって退場処分を受けた最初のセリエA選手となっている。

2試合の出場停止が科されたことにより、ボヌッチは25日のキエーヴォ戦と28日のユヴェントス戦を欠場することに。今夏ユヴェントスから4200万ユーロ(約56億円)で驚きの移籍を果たしたボヌッチの古巣対戦は後半戦に持ち越しとなった。

なお、ミランはヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のもとで不振に陥り、セリエAでは4試合勝利なし、11位に沈んでいる。

次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
次の記事:
モウリーニョ本の著者が語るスペシャル・ワン失敗の理由…レアル帰還の可能性も?/独占インタビュー
次の記事:
「頼れる存在がいなくなったことで、今シーズンは違ったチームになる」。内田篤人が語る鹿島、小笠原、そして…
閉じる