マンチェスター・C移籍が潰えたマフレズ、チーム練習を欠席…「相当落ち込んでいる」と友人が明かす

コメント()
Riyad Mahrez Leicester City Watford
Getty
今冬の移籍をクラブに懇願するも叶わなかったアルジェリア代表FWの精神的ダメージは大きいようだ。

レスター・シティのリヤド・マフレズが1日のチーム練習を欠席したことが分かった。『スカイスポーツ』が報じている。

1月の移籍市場の終盤にマンチェスター・シティがマフレズに対して6500万ポンド(約101億円)ともいわれるオファーを提示。しかし、レスターの要求額は9500万ポンド(約148億円)と双方の提示額には大きな溝があり、アルジェリア代表FWの移籍は不成立に終わった。

一方、マンチェスター・シティからのオファーを受け、レスターに“トランスファーリクエスト”を提出したマフレズは、その後の練習に欠席し、31日に行われた1-2で敗れたエヴァートン戦でもメンバー外に。そして、移籍が不成立に終わった後、マフレズの友人は同メディアに「彼は相当落ち込んでいる」と明かしていた。

エヴァートン戦に敗れた後、クロード・ピュエル監督は「リヤドは笑顔ですぐにチームに戻って来るだろう」と期待を口にしていた。しかし、この日の練習にマフレズの姿はなく、いつトレーニングに復帰するかは定かではないようだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる