ポドルスキ、ブンデス復帰を希望も「日本で快適」。決断は6~7月に

コメント()
(C)Getty Images

ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、改めてブンデスリーガに戻る希望を口にしている。

2017年からJリーグでプレーし、日本での居心地の良さを認めるポドルスキ。一方で、以前から古巣のケルン愛を度々口にしており、キャリアの最後はドイツで過ごす意向を示している。33歳のポドルスキはグンマースバッハでのチャリティーマッチの後、ブンデスリーガ復帰の可能性について問われ、「なぜないと言えるんだい? まだドイツでプレーする望みは持っている」とはっきりと口にした。

さらに、今後のキャリアプランについても言及。「まだ健康で、完璧にフィットしていると感じているし、あと数年はプレーしたい」と現役続行の意思を見せた。一方で、ケルン復帰の可能性には「毎回、同じことを繰り返し話したくはない」と言葉を濁した。

「今後どうなるか見てみようじゃないか」と話すポドルスキは、6~7月に結論を出すことをほのめかしている。

「神戸と今年の契約は残っている。日本で本当に快適だし、6月か7月に自分のクラブへ戻るかどうか考えるだろう」

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ネイマール、トゥヘル監督との関係に言及…「彼のために命を懸けて戦う」
次の記事:
日本に敗れたサウジアラビア、ピッツィ監督が退任「この敗戦から学んでいく」
次の記事:
モウリーニョ、エメリにエジルの指導法を伝授「愛情と厳しさの均衡を見つけなければ」
次の記事:
「練習どおり」。冨安の決勝弾をCKからアシストした柴崎岳、チームの成長に手ごたえ
次の記事:
主将の吉田麻也、殊勲の決勝弾を挙げた冨安健洋を称賛「正直、彼に驚いた」
閉じる