ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

ボアテングにW杯欠場の危機…レアル・マドリー戦での負傷により4~6週間離脱とも

18:00 JST 2018/04/27
Jerome Boateng Hans Wilhelm Muller Wohlfahrt Bayern Munchen
ドイツ代表DFはCL戦で負傷交代。クラブは内転筋を負傷したことを発表。

バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングは、ロシア・ワールドカップ(W杯)に間に合わないかもしれない。先日のレアル・マドリー戦でのケガにより4~6週間の離脱を強いられるようだ。

バイエルンは25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝、マドリーとのファーストレグを1-2で落としている。この一戦でボアテングは前半に負傷交代。34分、内転筋を痛めた様子でピッチを退き、ユップ・ハインケス監督は試合後「彼は離脱することになりそうだ」と認めていた。

そして、その予想どおり、ボアテングは離脱を余儀なくされるようだ。翌日にクラブが公式ウェブサイトで、左足の内転筋群を負傷したことを発表している。復帰時期については明かされていないが、ドイツ誌『シュポルト・ビルト』では4~6週間の離脱が予想されている。

つまり、クラブでのシーズンは終了したとのこと。ドイツ代表は来月23日に北イタリアでの合宿に入る予定だが、復帰は6月17日から開催のW杯直前にずれ込む可能性もあり、メディアでは間に合わない可能性が指摘されている。

一方、本人は自身のツイッターで「ロシアに行けるために戦い、そのためにすべてを尽くす」と強調。ドイツ代表チームでも主力選手であるボアテングだが、ヨアヒム・レーブ監督は大会前約2カ月実戦から遠ざかることになる選手をメンバーに呼ぶのだろうか。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ