ホームで敗戦のドルトムント…先発出場香川真司の評価は厳しめ「印象的なプレーはほぼなし」

コメント()
(C)Getty Images
先発し66分までプレーした日本代表MFには、低めの評価が下されている。

ドルトムントは、21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節でトッテナムに1-2と敗れ、敗退が決定した。この試合に先発したMF香川真司だが、地元紙は低めの評価を下している。

グループリーグ突破のため勝利が絶対条件、かつレアル・マドリーがアポエルに敗れる必要があるという厳しい状況の中、ホームにトッテナムを迎えたドルトムント。31分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制するも、前半のうちに同点に追いつかれると、76分にソン・フンミンに勝ち越し弾を奪われる。さらにはこの試合でビッグセーブを連発していたGKロマン・ビュルキが負傷交代するなど、最悪の展開に。結局最後まで追いつくことができず、グループ敗退が決定した。

先発出場を果たした香川だが、得点に絡むことはできず。同点で迎えた66分にベンチに下がっている。

地元メディア『WAZ』は、香川のプレーに対し「4」と低めの採点をつけた。「日本人選手は試合になかなか入り込めず、ファーストボールを簡単に奪われ過ぎた。徐々にパス成功率を上げ、先制点の起点にもなった」と寸評している。なお、好セーブを見せたGKロマン・ビュルキ(「2」)やアシストを記録したFWアンドリ―・ヤルモレンコ(「2.5」)には高評価をつけたが、DFマルク・バルトラには「5.5」と厳しい評価を下した。

『ルールナハリヒテン』でも、香川の採点は「4」となった。「序盤に迎えた2つの不運な場面が、意思と実行の差を象徴している。彼のプレーはインパクトを与えることはほとんどなかったが、相手ボールにおいては懸命に働いた」と守備での貢献に言及。ビュルキに「2」とチーム最高点をつけ、ヤルモレンコは「4」という採点になった。また『WAZ』と同様に、バルトラには単独ワーストとなる「5」をつけている。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ロイス、バイエルンへの移籍を断固否定「絶対にない。約束できる」
次の記事:
アザール、レアル・マドリー移籍を決心か…思いは強く契約延長を拒否と報道
次の記事:
関根貴大、シント=トロイデンで昨年9月以来の実戦に「徐々に進んでいく。ここからがスタート」
次の記事:
モラタ、アトレティコ入りに同意…移籍実現へ残る障壁は?
次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
閉じる