ニュース ライブスコア
日本

「ベストメンバー」の日本代表、先制許すも槙野智章の同点弾で後半へ

22:09 JST 2018/03/27
2018-03-27-JAPAN-Vahid Halilhodzic
日本代表は27日にベルギーのリエージュでウクライナ代表と対戦。前半は1-1で終えた。

日本代表は27日にベルギーのリエージュでウクライナ代表と対戦。前半は1-1で終えた。

23日に行われたマリ代表戦を1-1で終えた日本代表は、GKに川島永嗣(メス)を起用。ディフェンスラインは右から、酒井高徳(ハンブルガーSV)、植田直通(鹿島アントラーズ)、槙野智章(浦和レッズ)、長友佑都(ガラタサライ)が並んだ。

中盤は3人。キャプテンの長谷部誠(フランクフルト)と山口蛍(セレッソ大阪)がディフェンシブなポジションを取り、柴崎岳(ヘタフェ)がトップ下に立つ。センターフォワードは杉本健勇(セレッソ大阪)。右ウイングに本田圭佑(パチューカ)、左ウイングに原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)が配された。

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、今回の先発メンバーを「ベストメンバー」と明言している。

ウクライナはアタッカーの高さや速さを生かし、ロングボールで日本陣内に攻め込む。対する日本は、本田がボールを収め、酒井高のオーバーラップや、原口のカットインを誘導する。16分、ウクライナFWベセディンが右サイドからクロス。酒井高がブロックするもボールはゴール方向へ。ボールはバーに当たり、はね返りを酒井高が大きく蹴りだして難を逃れる。

ウクライナは21分、DFラキツキーが左でミドルシュート。ボールはペナルティエリア内の選手に当たりコースが変わると、そのままゴールネットに突き刺さった。日本は失点後もリズムをつかめず、ウクライナに攻め込まれる時間帯が続く。

日本は41分、直接FKから柴崎岳が正確なボールを供給。これを中で待ち受けていた槙野智章が打点の高いヘッド。これがゴールに突き刺さり日本が同点とする。槙野はこれで代表通算4ゴール目となる。

日本は勢いそのままに、後半で逆転を目指す。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ