ベイル、内転筋を負傷か…アトレティコとのダービーで前半のみの出場に

コメント()
Getty Images

レアル・マドリーに所属するガレス・ベイルがアトレティコ・マドリー戦で負傷したようだ。

レアルは29日、リーガ・エスパニョーラ第7節でアトレティコと対戦。マドリー・ダービーはスコアレスドローに終わり、先発したベイルは前半のみで交代となった。

ベイルは右足の内転筋を痛めたと伝えられており、いまだ深刻なものかどうかは明かされていない。試合後、ジュレン・ロペテギ監督はベイルに代わってピッチに入ったダニ・セバージョスを評価しつつ、チームの状態は思わしくないと話している。

「多くのけが人が出ているこの状況はいいものではない。監督は常に解決策を探さなければならない。そして死ぬまで選手たちを信頼する」

なお、ベイルは翌日にメディカルテストを行う予定で、そこでケガの具合がわかることになりそうだ。イスコ、マルセロなど離脱者が多いチームに、また新たな選手が加わってしまうのだろうか。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
次の記事:
インテルCEO、イカルディの残留を確信「問題はいつサインするかだけ」
次の記事:
アーセナルレジェンド、ラムジーのユーヴェ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判
次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
次の記事:
ファーディナンド、ジョルジーニョを糾弾 「走れない」「守備できない」「アシストできない」
閉じる