ブスケッツ「あれだけ引くとは。ここまで過剰と思わなかった」守備的なアトレティコに不満

コメント()
Getty Images
アトレティコとのアウェー戦を1-1で終えたバルセロナ。試合後、ブスケッツがアトレティコの守備重視のスタイルに苦言を呈した。

リーガ第13節アトレティコ・マドリーvsバルセロナは、1-1のドロー。試合後、バルセロナMFセルジ・ブスケッツが、引いて守備を固めたアトレティコ・マドリーについて、批判的なコメントを発した。

ブスケッツは試合後『モビスタール・プルス』のインタビューで次のように述べ、試合を振り返った。

「結果(1-1)は妥当だったと思う。僕たちが試合を支配したが、ほとんどチャンスを手にできなかった。もし彼らがCKのゴールであのまま勝っていたら、本当に不当なことだった。僕たちの方が勝とうとしていたんだからね。でも、結果は妥当なものじゃないかな」

この試合のボール支配率は30-70%で、アウェーながらバルセロナが高いボールポゼッションを記録。また、シュート本数は3-8(枠内シュート1-2)で、ジエゴ・コスタの先制ゴールが、アトレティコ・マドリーにとって90分間唯一の枠内シュートだった。

ブスケッツは「彼らは自陣で試合を進めようとした。でも、あれだけ引いて守備を固められると、僕らにとってプレーすることが難しい。アトレティコはそういう試合をするんだけど、ここまで過剰だと思っていなかった。楽しい試合にはならないね。でも、それが彼らの考えだし、敬意を持たないといけない」と発言。バルセロナは守勢のアトレティコにかなり手を焼いた形になったが、その守備重視のスタイルに苦言を呈している。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる