フランス人記者が考えるムバッペが10番を背負う意味「自然なこと」

コメント()
Getty Images
19歳にしてロシア・ワールドカップでレ・ブルーの10番を背負うムバッペ。

フランス代表FWキリアン・ムバッペが、19歳にしてロシア・ワールドカップで“レ・ブルー”の10番を背負い、21日のペルー戦では大会初ゴールを挙げた。

大会前には弱冠19歳のムバッペが、かつてジネディーヌ・ジダンやミチェル・プラティニといった名手が着けた10番を着用することが大きな話題を呼んだ。しかし、『Goal』フランス版で記者を務めるユリアン・クエレン氏は「自然なこと」だと考えているようだ。

「かつて10番を着けていた(カリム)ベンゼマと(アンドレ・ピエール)ジニャクがいなくなり、10番は空き番となった。チームで最高の才能を持っているし、ストライカーなので、10番を着けることは理にかなっていると思うね」

ペルー戦では決勝ゴールを挙げ、初めてのワールドカップで堂々たる活躍を見せるムバッペ。クエレン氏もこの若武者の働きぶりには舌を巻く。

「ペルー戦は初戦のオーストラリア戦よりも良かったね。より効果的でクリエイティブだった。周りともいい関係を築いていたしね。それにワールドカップでは、フランス代表史上最年少スコアラーになった。右サイドで多くの違いを作れるし、守備でもチームメイトを助けられる」

なお、連勝ですでにグループステージ突破を決めたフランスは最終節でデンマークと対戦する。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる