ファーディナンド氏、3点献上のリヴァプール守備陣を糾弾「守り方を知らない」

コメント()
Getty Images
セビージャから3点のリードを守りきれなかったリヴァプール。ファーディナンドは守備の脆弱さを指摘した。

元イングランド代表DFで、現在は解説者を務めるリオ・ファーディナンド氏は、リヴァプールの守備の脆弱さを厳しく指摘した。『BTスポーツ』が報じている。

リヴァプールは21日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節でセビージャと対戦。前半に3点をリードしながら、後半にまさかの3失点を喫してドロー決着となっている。ファーディナンド氏は、守備陣に問題があると語った。

「すべてのゴールが防げたもので、個人的なミスがもたらしたものだ。(アルベルト)モレーノが献上したPK、モレーノが与えたFK、(ラグナル)クラヴァンのヘディング。クラヴァンは違う方向にクリアできたはずだ」

また、今後に向けて改善が必要であることを強調した。

「今は重要な時期だ。週末に向けての数日間で、首脳陣はスカッドを持ち上げ、ポジティブな方向に向かせないといけない。彼らは前に出るぶんにはいいが、いいチームというのは両方できる。リヴァプールは守り方を知らないようだ」

なお、リヴァプールは次節、25日にチェルシーと対戦する。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる