パレスに敗れて首位リヴァプールが遠のくも…グアルディオラ「まだまだ多くの試合がある」

コメント()
Getty Images
敵地で逆転勝利を収めたクリスタル・パレスにマンチェスター・C指揮官は賛辞を送った。

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、敗れたクリスタル・パレス戦が優勝争いに直接影響を与えるような試合ではなく、まだまだ多くの試合が残されていると強調した。

22日に行われたプレミアリーグ第18節でマンチェスター・Cはホームにクリスタル・パレスを迎える。27分に幸先よくイルカイ・ギュンドアンのゴールで先制したマンチェスター・Cだが、それからわずか8分の間に逆転を許す。さらに51分にもPKから失点してビハインドは2点に。終盤にケヴィン・デ・ブライネが1点を返すも、最後まで追いつけず、2-3でクリスタル・パレスに敗れた。

首位との勝ち点差が4に広がり、リヴァプールの背中が遠のいたマンチェスター・Cのグアルディオラ監督は、『スカイスポーツ』でシーズンの行方を決めるような深刻な結果にはならないだろうと自身の考えを示した。「勝つに越したことはないが、まだまだ多くの試合が残されている。精神面やフィジカル面の状態を戻し、勝利を求めてレスター戦を迎えなければならない」

また、来年1月3日に控える首位リヴァプールとの直接対決の重要性について問われた同指揮官だが、まずは目の前の試合に集中したいと語った。「重要な試合は次の試合だ。現在のことに目を向けず、将来のことだけを考えることが問題だ。我々はレスターとサウサンプトンとのアウェー戦を控えており、これらの試合が今最も重要だ」

一方で、グアルディオラ監督は敵地で逆転勝利を演じたクリスタル・パレスに賛辞を送った。「クリスタル・パレスは我々の陣内に入った最初の2回で得点を挙げた。その後もPKから失点したが、我々はこれを避けなければならなかった。(アンドロス)タウンゼントのゴールは驚くべきものだ。3点目が入った後、試合はとても難しくなった。彼らはとても負い守備を見せ、カウンターも冴えていた。おめでとう、クリスタル・パレス」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる