バロテッリ代理人が力説「私は批判を受けたが、マリオのいないイタリアは異常だった」

コメント()
Getty
マリオ・バロテッリの代理人ミーノ・ライオラ氏は、元イタリア代表監督ジャンピエロ・ヴェントゥーラを批判する一方、バロテッリの活躍を喜んだ。

イタリア代表FWマリオ・バロテッリの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が28日、ナポリで行われたイベント『フットボール・リーダー』に出席した際、インタビューに応じ、バロテッリについて語った。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が28日、伝えている。

バロテッリは28日、ロベルト・マンチーニ率いる新生イタリアの初陣となった親善試合サウジアラビア戦において、4年ぶりの代表戦出場を果たすと、21分には代表通算14ゴール目となる先制点を挙げ、2-1での勝利に貢献した。

代理人のライオラ氏は、自身が担当するFWの活躍に歓喜し、持論を展開した。ピッチ外の理由からバロテッリの代表招集を見送り続けた挙句、60年ぶりにワールドカップ出場を逃す失態を犯したジャンピエロ・ヴェントゥーラ元監督を批判した。

「マリオが代表に復帰し、通常の状態に戻ったと思う。これまでが異常だった。私は以前からこのことを言っていたが、批判されてきた。だがイタリアには、マリオより強いセンターフォワードはいない。彼は世界でも最高峰の一人だ。どなたかは、マリオなしでワールドカップ予選を勝ち抜けられると決めこんでいたようだが、それはそれで自由だ」

■ニースを退団するバロテッリの去就は?

続いてライオラ氏は、今シーズン限りでニースとの契約を終えるバロテッリについて、買い手を求めた。ただフリーの移籍とはならないと説明している。

「バロはイタリアで最高峰の選手だから、野心のあるプロジェクトを計画している者にとって、良い買い物になるだろう。直近の2年間において、成長した姿を見せており、彼の振る舞いについての指摘は通用しない。だが完全に移籍金がゼロになるわけではない」

ナポリは今夏、名将カルロ・アンチェロッティ監督を招へいし、注目を集めている。バロテッリ自身も過去に、ナポリに対し特別な愛着を示しており、ライオラ氏は移籍の可能性について言及した。

「アンチェロッティに聞いてみないと。ナポリにはFWが4人いるが、8月の時点で全員揃っているか確認する必要がある。(ロレンツォ)インシーニェを除けば、前線において、マリオほど強い選手は他にいない。補強するかどうかは、(会長のアウレリオ)デ・ラウレンティスの判断によるだろう。デ・ラウレンティスとは特別な関係なので、彼が望めば私は話し合いに応じる」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
フラム、32歳バベル獲得の次は岡崎やG・ケーヒル?1部残留に向け補強の年齢制限撤廃
次の記事:
吉田麻也、サウジとの前回対戦は「比較材料にならない」。弱点は「集中力を欠くシーンが多い」
次の記事:
直近4試合ベンチ外も…エメリ、エジル退団を否定。チェルシーとの大一番での起用も示唆
次の記事:
PSGとチェルシーが24歳のアルゼンチン代表争奪レースへ…ともに中盤の人員足りず
次の記事:
ルーニー、ポグバの完全復活は「監督と良い関係ができたから。モウリーニョの時は…」
閉じる