バルセロナ、エイバルに3発快勝で首位をひた走る…リーガ最多得点者メッシが異次元の400ゴール到達!

コメント()
Getty

13日のリーガ・エスパニョーラ第19節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのエイバル戦を3−0で制した。

ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ5回戦ファーストレグ、レバンテ戦(1−2)で珍しくローテーションを採用したバルベルデ監督のバルセロナ。このエイバル戦では休みを与えられたメッシ、ピケ、ルイス・スアレス、ラキティッチ、ジョルディ・アルバが復帰し、その一方でデンベレの代わりにコウチーニョが起用されている。

エイバルの最たる特徴であるハイプレスを前にして、思うようにビルドアップができないバルセロナだったが、19分に個々の技術力の高さを見せつけて先制に成功する。ブスケッツの機転の利いたパスから、ルイス・スアレスがコウチーニョとコンビネーションを見せてペナルティーエリア内左に侵入。ウルグアイ代表FWは角度のないところで瞬時に体の向きを変えて、態勢を崩しながら右足でボールを叩き、見事ネットを揺らした。

その後、エイバルの反撃に苦しんだバルセロナだったが、53分に追加点を獲得。L・スアレスがアルビージャが保持するボールを奪って速攻を仕掛けると、ペナルティーエリア内左でメッシがボールを受ける。アルゼンチン代表FWは一瞬の加速から左足を振り抜き、GKリエスゴを破った。リーガ史上最多得点記録を保持するメッシにとって、この得点は記念すべき400点目となった(ちなみに通算得点ランク2位は311得点を決めたクリスティアーノ・ロナウドで、3位は251得点を記録したテルモ・サラ氏)。

バルセロナはさらに58分、今度はセルジ・ロベルトの前線でのボール奪取からL・スアレスがこの試合2点目を記録。バルベルデ監督は3点差とした後にブスケッツ、アルトゥール、S・ロベルトとの交代でビダル、デンベレ、セメドを投入した。終盤もボールをうまく保持できず、エイバルの攻勢を受けたバルセロナだったが、それでも無失点を維持したまま試合終了を迎えている。エイバルのプレッシングを前に自分たちのフットボールを満足に実践できなかったものの、効果的な攻撃で効率よく得点を奪い、勝ち点3をもぎ取った格好だ。

6連勝の首位バルセロナは、同日にレバンテに勝利した2位アトレティコ・マドリーとの勝ち点5差を維持し、アスレティック・ビルバオに敗れた2位セビージャには勝ち点10差をつけている。

■試合結果
バルセロナ 3-0 エイバル

■得点者
バルセロナ:ルイス・スアレス(19分、59分)、メッシ(53分)

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
マンチェスター・Cが公式戦6連勝! 直近4試合で22ゴール&無失点と絶好調/プレミアリーグ第23節
次の記事:
マルセロ、ソラーリのレアルでアンタッチャブルではなくなる…2試合連続ベンチ要員に
次の記事:
コケ、わずか27歳でアトレティコ400試合出場を達成…「ここであと400試合に出られたら」
次の記事:
森保ジャパン、サウジに勝利なら準々決勝でベトナムと激突! ヨルダンとのPK戦の死闘を制して8強
次の記事:
酒井&森保監督が強敵サウジアラビアを警戒「常に日本の壁になっている」
閉じる