バルサ行き報道のラビオ、バイエルンが争奪戦に参戦?1月の獲得に向けてPSGにオファー

コメント()
(C)Getty Images
バルセロナはフリーでの獲得を目指していたとされるが…。

バイエルン・ミュンヘンは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するMFアドリアン・ラビオの1月の獲得に乗り出すかもしれない。フランス『RMC』が伝えた。

今シーズン限りでPSGとの契約が満了となるなか、クラブとの延長交渉が合意に至らなかったことでベンチ外が続くラビオ。イギリス『ガーディアン』は先日、週給17万ポンドの条件で今シーズン終了後にバルセロナに渡ると伝え、フリーでPSGを去る可能性を濃厚と報じていた。

しかし、ここに来てバイエルンが23歳を巡る争奪戦に参戦。『RMC』によると、バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)は数日前にPSG幹部と接触し、今月中の獲得に向けて移籍金を提示したという。加えて、バイエルンはラビオ側とも接触していると伝えられている。

これまでクラブで公式戦200試合以上に出場し、フランス代表でも6キャップを記録してきたPSGの生え抜きであるラビオだが、移籍金を残す形で故郷クラブを去ることになるのだろうか。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「勝つ、次に進むことがすごく大事」酒井宏樹が苦しみながらのサウジ戦勝利を評価
次の記事:
「前線にとって楽しい試合ではなかったけれど…」武藤嘉紀、守備に奔走もサウジ戦の勝利に満足
次の記事:
防戦一方、サウジの息の根を止められなかった日本。問われる森保監督のマネジメント
次の記事:
サウジに苦戦も結果が出たことに満足の柴崎岳「意識を統一して戦えたことは収穫」
次の記事:
日本を勝利に導いた20歳冨安健洋に伊紙も賛辞「GKが何もできない豪快なヘッド」
閉じる