バイエルン監督コバチ、相次ぐ負傷者に「選手を守るためにもっと厳しい警告を」

コメント()
(C)Getty Images
開幕から負傷者続出に苦しむバイエルン。

バイエルン・ミュンヘンのニコ・コバチ監督が相次ぐ負傷者に頭を抱え、同時に不満も漏らしている。

バイエルンはブンデスリーガ開幕戦でキングスレイ・コマンが負傷。さらに、第3節のレヴァークーゼン戦ではコランタン・トリッソが十字靱帯を断裂し、来年までの離脱が決定、さらにラフィーニャもカリム・ベララビのラフプレーによって足首を痛め、数週間の離脱を強いられている。

コバチ監督は『Goal』に対して負傷者についてこのように語っている。

「レヴァークーゼン戦での2人の負傷はもちろんとても悲しいし、失望もしている。トリッソは長期離脱で、ラフィーニャはもう少し早く復帰できるだろうか。我々は小さなスカッドで、コマンとトリッソが深刻なケガで、ラフィーニャも今は負傷してしまった」

さらに続けて、「フットボールは常に接触のあるスポーツで、ケガもそうした面の一部」としつつ、選手がもっと守られるべきとの見方を示している。

「選手たちの身体に目を向けなければならない。また、骨や関節などに影響を与えるような激しいファウルには、警告やそれ以上の制裁が早くから与えられるべきだ。バイエルンについて話しているが、他クラブにとってもそうあるべきで、選手のことを考えないといけない」

なお、一発退場となっていたベララビには4試合の出場停止処分が下され、1万ユーロ(約107万円)の罰金も科せられている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
昌子源が19日ニーム戦で仏デビューも?アウェー戦の遠征メンバー入り
次の記事:
アーセナルとチェルシー、就任1年目の両指揮官の評価は?ダービー前に番記者に聞いてみた
次の記事:
ロイス、バイエルンへの移籍を断固否定「絶対にない。約束できる」
次の記事:
アザール、レアル・マドリー移籍を決心か…思いは強く契約延長を拒否と報道
次の記事:
関根貴大、シント=トロイデンで昨年9月以来の実戦に「徐々に進んでいく。ここからがスタート」
閉じる