バイエルン会長「ドルトムント戦はアンダードッグとして。長い間で初めてのこと」

最終更新
コメント()

バイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネス会長は、ドルトムント戦は「アンダードッグとして戦う」と語っている。

バイエルンは10日にブンデスリーガ第11節でドルトムントと激突する。ドルトムントは首位で、順位で下回る状態で迎える“デア・クラシカー”はバイエルンにとって新鮮だ。ヘーネス会長は「ドルトムントはここまで良いシーズンを送っている。それは間違いない」と語りつつ、このように続けた。

「我々は有力候補としてではなく、アンダードッグとしてドルトムントへ向かう。この長い間で初めてのことだ。いい試合ができると確信している」

一方で、主将を務めるGKマヌエル・ノイアーは「バイエルンが挑戦者側だとは思わない。互角だと思うし、僕らはバイエルンで、勝利を求めている」と意気込みを語った。

なお、ドルトムント戦前最後の公式戦となったチャンピオンズリーグのAEKアテネ戦では2-0と勝利を収めた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ローマ殿堂入り28人目のトッティ氏、27日のレアル・マドリー戦試合前にセレモニーへ
次の記事:
ベティス監督セティエンが乾貴士を激励「タカが大好き。大切な選手であり、これからプレーする」
次の記事:
ベティス乾貴士、出場機会が限られる現状に苛立ちも…「打ち勝つことができる」
次の記事:
バルセロナGM、ネイマール再獲得ほのめかす「可能性あるとして考えないわけがない」
次の記事:
イニエスタが語るJリーグ「ここでは勝っていようが負けていようが早急に攻撃を仕掛ける」
閉じる