ニアッセ、ダイブで試合後に出場停止か…厳罰化以降プレミアリーグで初の処分者に

コメント()
Getty Images
エリア内で接触なしで転倒し、PKを獲得したセネガル代表FWは2試合の出場停止処分を科されるようだ。

エヴァートンのバイェ・ウマル・ニアッセがシミュレーションで試合後に処分を受けるプレミアリーグ史上初の選手になるかもしれない。

18日にエヴァートンは敵地でクリスタル・パレスと対戦。この試合に先発で出場したニアッセは0-1で迎えた6分、ドリブルでペナルティエリア内に侵入したものの、ディフェンスの間に挟まれて転倒。主審のアンソニー・テイラー氏はクリスタル・パレスDFの反則を取り、エヴァートンにPKを与えたが、リプレイを見る限り“ダイブ”ではないかとの見方が広がっている。

試合後、クリスタル・パレスDFのスコット・ダンは「あれは確実にPKではない。接触はないと思うし、あったとしても最小限だ」とPKの判定とニアッセのダイブに苦言を呈していた。

今シーズン開幕前、エリア内でのダイブを含む「審判団を欺く行為」を働いた選手に対して厳格に処分すると発表したイングランドサッカー協会(FA)も、一連のプレーを調査し、ニアッセのプレーはシミュレーションと結論づけたようだ。FAが「審判を欺く行為」の厳罰化を決めて以降、下部リーグでは試合後に処分を命じたものの、プレミアリーグではこの事例が初となる。

エヴァートンの反発は必至だが、今シーズン6ゴールと好調を続けるニアッセはFAから2試合の出場停止処分を科される可能性が高い。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
次の記事:
マンチェスター・U、期待の生え抜きが契約延長! スールシャール「彼の前には明るい未来が広がっている」
次の記事:
豪州の戦いぶりに韓国紙が厳しい論調「4年前に比べてはるかに弱い。4強まで上がるかも不確実」
次の記事:
元イングランド代表A・コールが英2部ダービーに加入…元同僚ランパードとPL昇格へ
次の記事:
大迫所属ブレーメン、さらにアジア人選手を狙う?アジア杯視察中のSD「詳細明かせない」
閉じる