ドルトムント、バチュアイが完全移籍ならリーグレコードを更新?チェルシーの要求額は…

コメント()
これまでのクラブレコードの2倍の移籍金が発生との報道。夏にリーグ最高額を大きく塗り替える可能性も。

ボルシア・ドルトムントがベルギー代表FWミヒー・バチュアイを完全移籍で獲得する場合、チェルシーが求める移籍金はリーグレコードを大きく塗り替える金額となるようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じている。

今年1月に今夏までの期限付きでチェルシーからやってきたバチュアイは加入後の3試合で5ゴールと好スタートを切った。その後の数試合では得点を奪えず失速したとも見られたが、初めての途中出場となった11日のフランクフルト戦(3-2)では決勝弾を含む2ゴールを挙げ、チームに勝ち点3をもたらしている。

一方、ドルトムントはチェルシーとの交渉の際、バチュアイに対する買い取りオプションを確保できておらず、今後完全移籍での獲得を希望する場合、新たに交渉に臨むことになる。チェルシーとは2021年までの契約を残すバチュアイだが、『ビルト』曰く、来シーズンに向けてチェルシー側は6000万ユーロ(約79億円)の移籍金を要求するようだ。

これまでドルトムントが投じたクラブレコードの移籍金はヴォルフスブルクに支払ったアンドレ・シュールレに対する3000万ユーロ、ブンデスリーガクラブが支払った最高額はバイエルン・ミュンヘンがリヨンからMFコランタン・トリッソを獲得した際に発生した4150万ユーロ。これらを大きく上回る規模の取引が実現するのだろうか、注目したいところだ。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
D・ルイス、マンチェスター・Uの戦術を痛烈批判「前半プレーしたのは僕らだけ」
次の記事:
ベティスに適応しきれない乾貴士、現地メディアは最低評価に「居場所を見つけられず」
次の記事:
今季初アシストの堂安律、敗戦も現地メディアがMVPに選出「楽しさをくれたのは彼とマヒだけ」
次の記事:
ダービー勝利も代償大きく…インテル、バルサ戦前にナインゴラン&ペリシッチが負傷交代
次の記事:
レアル・マドリー、まもなくロペテギ監督解任を発表か…後任はBチーム指揮官ソラーリとなる模様
閉じる