ドイツ、初戦黒星を忘れさせる戦いへ…守備の要・フンメルスは欠場濃厚【グループF第2節プレビュー】

コメント()
(C)Getty Images
ロシア・ワールドカップグループF第2節が行われ、ドイツ代表とスウェーデン代表が対戦する。

ロシア・ワールドカップグループF第2節が行われ、ドイツ代表とスウェーデン代表が対戦する。

ドイツは初戦のメキシコ戦でまさかの黒星スタート。中でもメスト・エジル、サミ・ケディラへのパフォーマンスにはドイツメディアを中心に個人批判が繰り広げられており、まさに「危機」と呼べる状況だ。

ドイツが初戦から布陣を変更することは濃厚で、少なくとも病気で欠場したDFヨナス・ヘクターはスタメン復帰予定。前述のケディラも、代わりにイルカイ・ギュンドアンが起用することが検討されているという。

さらに、最終ラインの要であるマッツ・フンメルスも欠場が濃厚。アメリカの『ESPN』によると、フンメルスは首を痛めたと報じており、レーブ監督が「フンメルスは首を痛めているので、高い確率でプレーすることができないだろう。ヘディングができる状態にない」と明かしたと伝えている。

ドイツの何よりの課題はカウンター対策。大会直前のテストマッチから変わらない。選手たちが口々に話すとおり、残り2試合は「ファイナル」。勝利しか許されない戦いとなる。

対するスウェーデンは、初戦で韓国を退けた。決して素晴らしいパフォーマンスというわけではなかったが、結果がチームの自信になることは明らか。また、初戦のメキシコのやり方を手本にカウンターを仕掛けることになるだろう。早い時間帯から引いて、速攻に徹することが予想される。

ドイツはいかにしてスウェーデンの守備網をかいくぐるか。初戦から改善したことを証明する戦いが始まる。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる