「トッテナムのCLはほぼ終わった」3試合未勝利に落胆するポチェッティーノ

最終更新
Getty Images

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、チームのチャンピオンズリーグ(CL)での戦いがほぼ終わったと認めた。

24日に行われたCLグループB第3節で、トッテナムは敵地でPSVと対戦。ここまで2連敗とこの試合での勝利が絶対に必要なトッテナムだったが、一時は逆転に成功するも、守護神ウーゴ・ロリスが退場する苦しい展開に。その後に同点ゴールを許して2-2のドローに終わった。勝ち点1を分け合う結果となり、2位インテルとの勝ち点差は3試合を残して「5」となっている。

試合後、ポチェッティーノ監督は、決勝トーナメント進出の可能性が低くなったと『BTスポーツ』に話した。

「ほとんど、ほとんど終わりだ。3試合を終えて1ポイントで、グループリーグ突破は相当困難だ」

先制点やロリス退場の場面など、この試合ではトッテナムにとってやや厳しい判定が続いた。しかし、同指揮官はこの結果を招いたのはレフェリーの判定ではなく、自分たちのパフォーマンスだと強調した。

「この試合では多くのことが起きた。しかし、フットボールとはこのようなものだと受け入れなくてはならないときがある。試合を決定づけるチャンスがあるときに、そうできなければその責任を負わなくてはならないし、自分たち自身を責める必要がある」

「主審の判定を非難することは簡単だ。しかし、この試合は我々が勝利しなければならない内容だった。相手よりもはるかに良かったが、2-1の場面で仕留められず、彼らは息を吹き返した。ウーゴへの判定がアンフェアに映るかもしれないが、もっとゴールを奪っていれば勝利できていたはずだ。我々が失望しているのは判定ではない。自分たち自身に対してだ」

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ