“トッティ監督”誕生へ…現場志向のレジェンドが指導者としての第一歩へ

コメント()
(C)Getty Images
ローマの幹部としてスタートを切ったばかりのトッティだが、指導者としての道も歩み始めるようだ。

ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティは、指導者としてのキャリアをスタートさせるようだ。第一歩としてUEFA公認ライセンス取得に向け、動き出している。

トッティは昨シーズン限りで現役を引退。ローマの幹部として新たな仕事を開始した。しかし、開幕戦をスーツでスタンドから見ることは「とてもきつかった」と話し、指導者としてピッチに戻ることを目指しているという。

また、イタリア監督協会もフェイスブックページで、トッティがコースを受講することを明かしている。

「9月18日より、フランチェスコ・トッティはUEFAのBライセンス取得のコースに参加する」

時間はかかる可能性があるが、近い未来に“トッティ監督”がセリエAで見ることができそうだ。

閉じる