ニュース 試合速報・結果
FIFA ワールドカップ

ベルギーは初戦大好き?超豪華攻撃陣躍動なるか【データで見るロシアW杯対戦カード】

13:09 JST 2018/06/18
2018-06-05-belgium
いよいよ開幕したロシア・ワールドカップ。『Opta』のデータを用い、開幕戦で興味深い情報をチェックしよう。

いよいよ開幕したロシア・ワールドカップ。18日にはグループG初戦が行われ、ベルギーとパナマが対戦する。

重要な初戦を前にデータで両チームの情報をチェック。以下はデータサイト『Opta』による両チームの情報となっている。

■ベルギーとパナマは初対戦。

■ベルギーはワールドカップ13度目の出場。トップ5(ドイツ、イタリア、スペイン、イングランド、フランス)を除くと、欧州勢では最多出場となる。

■ベルギーは、欧州で18年大会出場を最初に決めた国。ドイツとならぶ最多得点(43点)で、イングランド、ドイツ、スペインとともに無敗で予選を終えた。

■ベルギーはワールドカップのグループステージ過去9試合で負けが無く(4勝5分)、直近の4試合は全勝している。過去7大会のうち6大会で決勝トーナメント進出を果たしており、予選敗退は98年大会のみだ。

■ベルギーは出場した過去9大会で、開幕戦での負けは1度しか無い(5勝3分)。唯一の黒星は、86年大会メキシコ戦の1-2での黒星だ。

■ベルギーがW杯で決めた直近の8得点は、すべて70分以内に決まっている。しかくパナマは今回がW杯初出場。最後に初出場の国が決勝トーナメントに進出したのは、10年大会のスロバキア。

■パナマでは、北中米カリブ地区予選で3得点以上を決めた選手はいない(ガブリエルとロマン・トーレスが2得点)。得失点差で他国を上回りロシア行きを決めた(-1)。北中米カリブ予選最終ラウンドの10試合で3勝しかあげていない。

■14年大会で、ケヴィン・デ・ブルイネは1ゴール2アシストと、ベルギーが決めた6得点の半数に関与している。

■ロメル・ルカクは、今大会の欧州予選で8試合に出場し11ゴール。これはロベルト・レヴァンドフスキ(16得点)、クリスティアーノ・ロナウド(15得点)に続く数字。

■ロベルト・マルティネスにとっては、監督として臨む初のW杯。ベルギー代表にとっても54年のスコット・ドン・リビングストーン氏以来となる外国人監督が率いるW杯となる。

■一方、パナマのエルナン・ダリオ・ゴメスにとっては3度目のW杯だが、いずれも異なるチームを率いている。母国コロンビアを率いた98年大会、エクアドルを率いた02年大会は、いずれもグループステージ敗退に終わっている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ