ゼニト加入のマウコム、人種差別に「僕の燃料に。悲しんで止まることはできない」

コメント()
Getty Images

ゼニトへと加入したFWマウコムが『Goal』の取材に応じ、移籍の決め手や人種差別被害について語っている。

マウコムは昨夏にバルセロナへと加入。しかし、出場機会に恵まれず、4000万ユーロ(約47億4000万円)+最大500万ユーロ(約6億円)のボーナスという条件でゼニトへ完全移籍することとなった。ゼニトを選んだ理由についてこのように語っている。

「ここでは、ハルクのような多くの選手がやってきて目標を達成した。いいプレーができ、レベルを維持できれば、問題はない。選ぶチャンスがあったから、ここを選んだんだ」

一方で、ゼニトでのデビュー戦では、人種差別を思わせるバナーも掲げられた。マウコムはあくまでも気にせず、フットボールに集中することを誓っている。

「ゼニトではただ愛情とリスペクトを感じられている。入団会見でのショーでより勇気付けられた。僕は自分の仕事をするだけだし、人生で直面するすべてが僕の燃料になる。それがアスリートの人生だ。どんな状況でも悲しんで止まることはできない。目標に向かって集中するだけさ」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる