セビージャ、CLグループ突破で30億円の収入...1958年以来のベスト8入り目指す

コメント()
16強入りした直近の3シーズンではいずれも敗退

セビージャは、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト16入りを果たしたことにより、一定の収入を確保したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

セビージャは6日のCLグループE第6節で、マリボルに1-1と引き分けた。グループ首位の座こそリヴァプールに譲ったものの、2位で決勝トーナメント進出を決めている。

セビージャには、CL本戦出場、グループステージの成績(2勝3分け1敗)、決勝トーナメント進出で合計2320万ユーロ(約30億円)が大会主催者のUEFAから支払われるとされる。

セビージャは近年、CLでベスト8の壁を越えられていない。2007-08シーズンはフェネルバフチェ、2009-10シーズンはCSKAモスクワに、昨シーズンはレスター・シティに敗れ、いずれもベスト16で敗退している。

セビージャが最後にベスト8進出を果たしたのは、1957-58シーズンだ。ユーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ(CLの旧称)でベスト8入りした経験がある。およそ60年ぶりの8強入りを目指して、セビージャの挑戦は続く。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「我々に間違いがあった」騒動の非を認めたサッリがモウリーニョに謝罪
次の記事:
バルサとレアルによる今季初“クラシコ”、11年ぶりにメッシ&C・ロナウドが不在に
次の記事:
インテル、レアル戦でメッシを欠くバルサ…指揮官「重大なもの。対処しなければ」」
次の記事:
柴崎岳、ダービーで開幕戦以来8試合ぶりに先発のチャンス?サイドでの起用か
次の記事:
2戦連続先発も…英メディアは武藤嘉紀を辛辣評価「インパクトを残せなかった」
閉じる