スペイン対モロッコの試合日程と放送予定/ロシアW杯グループB

コメント()
Getty Images
2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループリーグも佳境。最終戦となる第3戦を迎える。強い緊張感と疲労の中で、勝利への執念を見せるのはイラン代表か、ポルトガル代表か。ここでは詳細な試合情報および両チームの注目選手を紹介する。

●試合日程と放送局と試合会場

日本時間6月26日3時(現地時間25日20時)カリーニングラード・スタジアム(カリーニングラード)

放送局:日本テレビ

●両チームのプロフィール

スペイン代表(11大会連続15回目)

FIFAランク8位(2018年5月)。欧州予選ではイタリア代表を退け、1位で通過。51歳のフレン・ロペテギ監督は現役時代、レアル・マドリーとバルセロナでプレーした経験を持つ。同国代表の育成年代を指導し、世代交代に成功。ダビド・デヘアやイスコらは、ロペテギ監督の教え子となる。

モロッコ代表(5大会ぶり5回目)

FIFAランク42位(2018年5月)。アフリカ最終予選では、コートジボワール代表やマリ代表を退け、5大会ぶりのW杯出場権を手にした。フランス出身の49歳、エルベ・ルナール監督が率いる。これまでザンビア代表とコートジボワール代表を率いてアフリカ王者を手にするなど、アフリカでの実績は非常に高い。

●スペイン代表の注目選手

MFアンドレス・イニエスタ(バルセロナ)

1984年5月11日生まれ、34歳。171センチ、68キロ。
ロシアW杯終了後、ヴィッセル神戸に合流することになり、話題をさらった。テクニシャンそろいの同国代表の中でも、その技術は飛び抜けており、華麗なプレーは健在だ。今大会を最後にスペイン代表を引退。有終の美を飾れるか。

MFイスコ(レアル・マドリー)

1992年4月21日生まれ、26歳。176センチ、79キロ。
R・マドリーでは、出場機会を減らしているものの、フレン・ロペテギ監督からの信頼は厚い。パスだけでなくドリブルでの単独突破もあり、相手にとって常に脅威となる。W杯後、ほかのビッグクラブに移籍するのではと、うわさになっている

DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)

1986年3月30日生まれ、32歳。184センチ、82キロ。
右サイドバックからセンターバックにコンバートされると、急成長。世界最高のセンターバックの1人となった。代表キャップ数は150を超える偉大なキャプテン。UEFAチャンピオンズリーグでエジプト代表FWモハメド・サラーの負傷に関わり、批判を浴びる。

●モロッコ代表の注目選手

DFメフディ・ベナティア(ユヴェントス/イタリア)

1987年4月17日生まれ、31歳。189センチ、94キロ。
屈強なフィジカルを備えるセンターバック。U-18までは、フランス代表を選択していた。これまでウディネーゼ(イタリア)やローマ(イタリア)、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)で活躍。アフリカ予選ではディフェンスラインを統率し、無失点を達成した。

MFハキム・ジイェク(アヤックス/オランダ)

1993年3月19日生まれ、25歳。180センチ、65キロ。
左サイドを主戦場とする左利きのアタッカー。今季より加入したアヤックスで、背番号10を背負っている。今季リーグ戦は34試合に出場して9得点を記録。モロッコ代表でも攻撃をけん引する。

MFムバラク・ブスファ(アルジャジーラ/UAE)

1984年8月15日生まれ、33歳。167センチ、58キロ。
オランダ出身だが、隣国ベルギーのヘントやアンデルレヒトで頭角を現した。その後、ロシアでもプレーするなど、経験豊富なベテラン。モロッコ代表では、中盤の底からゲームをコントロールする。彼の経験を同国代表に還元できるか。

●グループBのライバル

イラン代表(2大会連続5回目)

FIFAランク36位(2018年5月)。ルビン・カザン(ロシア)に所属する“イランのメッシ”ことMFサルダル・アズムンが、注目選手。チームの浮沈は、彼がゴールを決められるかに懸かっている。ポルトガル国籍のカルロス・ケイロス監督は、名古屋グランパスを率いたこともある。

ポルトガル代表(5大会連続7回目)

FIFAランク4位(2018年5月)。2016年の欧州王者。レアル・マドリー(スペイン)で活躍するFWクリスティアーノ・ロナウドは、大会屈指の注目タレントだ。22歳のアンドレ・シウバ(ミラン/イタリア)ら若手の活躍も見どころ。62歳のフェルナンド・サントス監督が指揮する。

Goal_worldcup_article_banner

次の記事:
青山敏弘「意地でも90分間やりたかった」…その理由は槙野智章のひと言?
次の記事:
3試合で22人がプレーした森保ジャパン。ウズベク戦サブ組起用の意義
次の記事:
指揮官カランカ解任のノッティンガム・フォレスト、後任監督にオニールを招へい
次の記事:
GKカシージャ、レアルで出番がなく自由移籍でリーズへ移籍…契約は2023年までの4年半
次の記事:
元マンチェスター・U監督モウリーニョ氏、早急な復帰を否定も「まだ56歳。これからも指導したい」
閉じる